英語で本三昧

英語の朗読を聴いて楽しんでいます。 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パパと娘が仲良くじゃれている、そんな情景が浮かぶ唄です。
ちっちゃい子を膝にのせて、あやしながら唄ったそうです。

dance-tosmith1.gif
Jessie Willcox Smith  (The Little Mother Goose 1912)



Dance to your Daddy,
My little babby,
Dance to your Daddy,
My little lamb.

You shall have a fishy
In a little dishy,
You shall have a fishy
When the boat comes in.






この唄は、イングランド北部からスコットランドで歌われた、
漁師が、遠く家に残した子どもに歌いかける、古いフォークソングだそうです。

父さんに踊っておくれ、
かわいいBaby、
父さんに踊っておくれ、
かわいい羊さん、

父さんの船がついたら、
ちっちゃいお皿で、
ちっちゃい魚を食べようね

みたいな意味かな?

dance-to-your-daddy2.gif
REGO, PAULA DANCE TO YOUR DADDY 1989 (British Council Exhibition )
(この画は、私のイメージとちょっと違って、スコットランドの男の子でしょうね・・・)



このメロディーとDance to your daddyのフレーズを聴くと、
小さい女の子が、父親とじゃれて踊っている様子が目に浮かび、
娘がかわいくて仕方がない、そんな父親の気持ちを思います。

Babyは食べちゃいたいようにかわいい感じで、
赤ちゃんに限らず、女の子はもちろん、男の子にも使うし、大人の恋人にも使います。

マザーグースをよく聴いていた頃、このイメージが、
どうもウチの娘と旦那の仲のいい様子にダブって、好きでした。

下の子が生まれる前の数ヶ月は、
私は共働きで忙しく、週末になるとぐったりしてました。
そこで、旦那は毎週末、2歳ぐらいだった娘を連れて
外に遊びに行ってくれました。
私がのんびり家で休めるように。

ディズニーランドや、水族館や、2人でそれは楽しそうで、
夕方疲れて眠った娘を背負って、旦那は帰ってきたものです。
3人の夕飯では、いつも2人でくすくす笑いながら、
買って来たお土産をみせてくれました。

娘と父親の仲良しさは、うらやましいぐらいでした・・・
今、娘はティーンエージャーになって、前のようにべったりはしてないけど、
相変わらず、仲はいいし、今日も2人で出かけました。

私ごとで申し訳ないけど、マザーグースって、こんな風に
自分の生活の節々で、ふっとフレーズを思い出すんです。


dance-to-your-daddy5.gif
Henriette Willebeek le Mair (Little Songs of Long Ago 1912)


いつも素敵な記事を楽しく読ませていただく
Shibakoさんのブログで、父親を慕う娘を描いたアニメを見ていて、
このマザーグースを思い出しました。
これは、家族と離れている父親が、娘を思っている唄で、あのアニメの反対側みたいな気がして・・・

この唄は、もともとはもっと長い、漁師唄でした。
その歌詞を見ると、息子も妻も出てくるのですけどね・・・

古めかしい英語の歌詞はこちらで。
漁師の父親は、酔っ払って帰ってくるらしいです(笑)


このフォークソングを風情よく唄って、とても素敵なビデオがありました。





おまけ

素敵なイラストがまだたくさんありました。
それぞれ味が違って素敵ですよね・・・
くわしくはこちら

dancetoyourdaddy21.gif



dancetoyourdaddywhite.gif

コメント

うわー、リンク有り難うございます。恐縮です。
私も早速記事中にリンクさせてもらいますね。

可愛いらしい歌ですね。思わず口ずさんでしまいます。
パパにとって娘はいつでもお姫様って感じですね。
父と娘、母と息子って異性である分、ちょっと
特別な関係なのかもしれないですね。

漁師のパパは酔っぱらって帰ってくるんですね(笑)。私が紹介したアニメは寂しいものでしたが、こちらはオチがある感じですね。

shibakoさん、

こちらこそ、リンクしてくださってありがとうございます。
なんとなく、ぱっと思い出して、ぱっと書いたので、自分の思い出に浸って、読み直すとちょっと恥ずかしいなぁ(笑)
ウチは典型的な父娘と母息子の組み合わせです。同姓だと、いろいろ心配になって口うるさくなるけど、異性だと、のんきに甘えさせられるところがあるような。
だから、shibakoさんがおっしゃるように、特別な関係なのかもしれませんね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corianderuk.blog80.fc2.com/tb.php/99-d8fddbdb

Momentary Momentum ~father and daughter~

バイトの面接を受けた後に学校の授業に出ようと思ったのだけど時間が遅かったので閉館前の現代美術館kettle\'s yardへ滑り込んだ。Momentary Momentumという、アニメーションの展示を鑑賞。ここの美術館はすいてるので、ロンドンから巡回した大きな展示も後からゆっくり見...

名前:
メール:
件名:
本文:

Dill

Author:Dill
イギリスのロンドン郊外に住んでいます。 
本は大好き。読む本がなくなると落ち着きません。
とうとうまわりに日本語の新しい本がなくなってしまったので、英語の本を楽しみたいと思っています。

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。