英語で本三昧

英語の朗読を聴いて楽しんでいます。 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イギリスの田舎に行くと、うねうね続く草地に、白い羊が群れています。 
この羊たちを見張るために、昔は、子どもたちも羊飼いをしていたようです。

wSheep2_1179.gif








Little boy blue, come blow your horn
The sheep's in the meadow, the cow's in the corn
Where is that boy who looks after the sheep?
Under the haystack fast asleep





こちらが唄です。
この唄のメロディーはいろんな種類があるようで、
私が親しんでいた旋律とは違うのですが・・・・


wlittle-boy-blue6.gif
Henriette Willebeek le Mair (Our old nursery rhymes 1911)



Meadowはこのうねうね続く草地のことです。
イギリスは山がとても少なく、丈の低い草の生えた丘が続きます。

羊があちこちに散らばっているし、
牛はとうもろこし畑にいます。
おやおや、羊飼いは何してるんだ・・・と思えば、
干草の山の下で居眠り中だったよ。

イラストを集めてみると、小さい羊飼いって、
5~6歳ぐらいに見えるもの多いけど、
本当にこんなに幼い子が、ひとりぼっちで羊飼いをしたのかな・・・?
絵本だからちっちゃい子にしたんじゃないかなぁ。


wLittle-boy-blue4.gif




この唄の朗読もぜひ聴いてください。




このYouTubeは、「GrandpaがMother Gooseを読む」シリーズで、
読んでいるのは、カリフォルニアの65歳の男性です。

Mother Gooseの朗読を、ずっと探していたので、
このシリーズを見つけた時はとてもうれしかったのですが、
音がちいさくて、ちょっと聴きにくいのが残念で、
思い切ってYouTubeのサイトから、メールを出しました。

そうしたら、なんと彼から返事が来て、Improvementしてくれました!
音を大きくして、「英語学習者のために」、と字幕まで足してくれました。

見ず知らずのカリフォルニアの男性がこんな風に私のアイディアに
協力してくださるなんて、思いがけなくてびっくり。

この朗読を楽しんでくださった方が、YouTubeのサイトに行って
★★★★★をつけたり、loranonさんにコメントして下さると、うれしいです!
ここです

追加:
さっきloranonさんからのメッセージのメールがカリフォルニアから届きました(わぁ!)

"Thank you for viewing my videos. I am pleased that something I did for my grandchildren can be useful and helpful to others. I hope you enjoy hearing them as much as I enjoy making them. I always try to be useful. Arigato"



wlittle-boy-blue7.gif
W.W. Denslow (Denslow's Mother Goose 1901)



wlittle-boy-blue5.gif
Frederick Richardson (Mother Goose)



wlittle-boy-blue3.gif
Kate Greenaway (Mother Goose or the Old Nursery Rhymes 1901)

この唄をもとに創作された18分ほどのお話しが、LibriVoxにあります。
ちょっと早口ですが、聴きやすい英語だと思います。

Mother Goose in Prose


詳しい解説や、同名の映画の情報などはこちらでどうぞ。

ひとりごと・・・・
YouTubeを2つ載せると、ちょっとがやがやしてしまいますねぇ。
でも、唄も朗読もご紹介したいし、ポップアップできるとスッキリするのですが。
そのうちちょっと、方法があるか調べてみます♪

おまけ

素敵なイラストがまだたくさんありました。
それぞれ味が違って素敵ですよね・・・
どれが一番好きですか?


littleboybluetheonly.gif
The only true Mother Goose melodies 1833



littleboybluecomplete.gif
Mother Goose's nursery rhymes 1902



littleboyblue39mebook.gif
The nursery rhyme book 1897


littleboyblue97england.gif
Nursery songs & rhymes of England 189


コメント

マザーグース

こんにちは!
中学生になって初めて英語を学んだ私です。
NHKラジオ基礎講座でキャロライン洋子さんのマザーグースを聞いていましたが、懐かしいです。
Kate Greenaway さんのレシピ付の絵本も持っていて、アップルパイや、焼きりんごを作って楽しんでいました。
YouTubeのサイトの英語も凄く聞きやすくていいですね。
ネットで世界の人と友達になるれなんて素敵ですね。

yuyuさん、

私もNHKのキャロライン洋子さんのラジオ番組を覚えていますよ!
それに、私もGreenawayの小さいマザーグースの絵本を中学の頃にもっていて、イラストを真似したりしてました。 でも、肝心のマザーグースの唄の方は、全く印象に残っていないので、英文は読んでなかったのでしょうね(笑)。
YouTubeのGrandpaさんは、本当に親切な方で、うれしくなってしまいます♪

むすめも 気に入ったの~♪

こんにちは、Dillさん。
娘は この唄が大好きで・・・もうちょっとゆっくりのメロディーで歌っていたから、Dillさんの知っているものと、いっしょでしょうか。でも、今横で見ていて、もう5回もかけているのです^^この歌をきくと、干草の横で「ふてね」してる男の子と羊ちゃんの画像が浮かぶようです。「羊ちゃん、ぴょんっていなくなったら、ねちゃうよ、きっと」って(笑)

Dillさん
私もloranonさんに早速”ありがとう”メールしましたよ。直ぐにお返事も頂け素敵な方ですね。これからもアップして下さるそうで楽しみです。

うだきちさん、

こんにちは、
お嬢さんの好きな唄でうれしいです! この唄の姉妹版のLiitle Bo Peepは女の子の羊飼いですから、お嬢さんもっと好きかも・・・?
マザーグースって、短いのにパッと頭の中に画像が浮かぶのが多いですよね。 子どもたちが聞いて、すぐ面白いイメージが浮かぶからこそ、どんどん口伝えで広がったのかしらね。
お嬢さんが楽しんでくださると、書いてる私も励ましになります!

PBさん、

ありがとうございます♪
「いつも人の役にたちたいと思っています」とメッセージをくださったのですが、さらっとこうおっしゃる彼の人柄は素敵だな、と思いました。 
アメリカを中心に、インターネットに無償で時間と知恵を提供して、素晴らしい公共財産を作っている方がたくさんいることを、知れば知るほど、感心してます。 この小さいブログを書けるのは、そんな方たちのおかげだな、とつくづく思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corianderuk.blog80.fc2.com/tb.php/95-99f4ca85

名前:
メール:
件名:
本文:

Dill

Author:Dill
イギリスのロンドン郊外に住んでいます。 
本は大好き。読む本がなくなると落ち着きません。
とうとうまわりに日本語の新しい本がなくなってしまったので、英語の本を楽しみたいと思っています。

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。