英語で本三昧

英語の朗読を聴いて楽しんでいます。 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イギリスの子どもたちが、今でも口にだして唄うマザー・グース。
薔薇と、手をつないではしゃぐ子どもたちの、甘いイメージがする唄です。

ringringcover.gif


Ring a-ring o' roses,
A pocketful of posies.
a-tishoo!, a-tishoo!.
We all fall down.


Nursery Rhymes



唄です。 上の詩を見ながら聴いてくださいね


響きのいい出だし、Ring a-ring o' rosesは、
子どもたちが輪になって手をつなぐ様子ですが、
薔薇のRoseと、指輪のRing、鐘をならすRing, 
そんなイメージが響きに重なって、かわいく、華やか。


ringringgreen.gif
Kate Greenaway (1846-1901)



Posiesは、ちょっと古めかしい花束。
野ばらのちいさい花束のイメージかな。

a-tishoo!, a-tishoo!.はくしゃみをする音。

これは、日本の「かもめ、かもめ」のように
手をつないで歌う、Nursery Rhymeです。
最後のところで、みんながしゃがみこむのが、普通の遊び方。


ringringLes.gif
Leonard Leslie Brooke (1862-1940)



娘が小さい時に通っていた、近所の私立小学校では、
初夏の放課後、芝生の広がる庭で、小さい組の、女の子たちが、
みんなで手をつないで、よくこの歌の遊びをしていました。

最後のところでは、みんな足を勢いよく蹴りだして、逆立ちをしていました。
4-5歳の女の子たちだから、逆立ちと言ってもちゃんとできる子はいなくて、
みんな倒れこんでしまうのですが、それがおかしくて
女の子たちは、いつも笑い転げていました。

221ringroses.gif
Jessie Willcox Smith (1863-1935)


この唄は、恐い解釈がもっともらしく流布してきたそうです。
350年ぐらい前、イギリスの人口の1/6の人口にあたる、
4万人弱が、たった5週間で死んだペストの大流行の唄だとか・・・

ペストの斑点状の症状がRingで、 ハーブの薬がPosiesで、
咳きのとまらない末期症状を経て、死んでしまう。

ロンドンのペスト大流行はこの本に詳しいけど、恐いですよ・・・

ロンドンペスト
ロンビンソン・クルーソー」の作者が記録した恐怖。

何しろ、ペストが出た家は、家族ごと家に閉じ込められ、
ドアには釘が打たれ、監視人がついて、絶対に逃げ出さないように見張ったんです。
健康だった家族までが、すべて死に絶えるか、奇跡的に生き延びるか。
どちらにしてもあまりに残酷。

1665年当時、ペストが流行する原因が全くわからず、
イギリス中が大パニックになったそうです。

Ring-arhte.gif
Arthur Rackham 1913


残酷なペストの流行と、甘い響きの子どもの遊び唄の組み合わせのミスマッチが面白くて、こんな説が流行ったのか、Nursery Rhymeの研究家Opie夫妻は、この説には根拠がみつからない、と言っています。

200年以上前からこの唄が歌われていた、と詳しい説明はこちらをどうぞ。

Greenawayの絵本とその朗読を楽しめるページも素敵です。(ここ

コメント

きゃ~!!大好きです♪

Dillさん こんばんは~。わたしの一番好きなマザーグースです^^しかも こーんなにいっぱいかわいいイラスト集!うれしいなあ・・・Sally go round the sunも そうだけど「つないで ぐるぐる」って本当にエキサイトします!これにペストっていう説を私も聞いたのですが、反対もあるんですねえ。ペストの本を探すとは、さすがDillさん。ちょっといってみたいですね!ちょうどプラド美術館の絵画で「平和なんだけど、実はペスト」をみて 印象に残ってるんですよねえ・・・

マザーグース

かわいいマザーグスのご紹介をありがとうございます。なんでもそうですが、マザーグースも奥が深く、またその裏に怖いお話もいっぱい!これは日本の童謡もそうですね。こちらのサイト良かったら見て下さい。既にご存知だったらごめんなさい。
http://www.kodomo.go.jp/gallery/picturebook/sw/start_pb_j.html
グリナウェイを選び、マザーグースを選ぶといっぱい音声付で出てきます。

うだきちさん、

この唄お好きなんですね、うれしいです。
Garlishな雰囲気ですよね♪
2年ぐらい前に、イギリスのテレビで、ペスト大流行のドラマをやっていて、見たんですけど、すごく恐かったんです。 家に閉じ込められたペスト患者の家族が、苦しみながら死ぬ家族を看取り、自分も感染の恐怖に怯え・・・でも家の外には一歩も出られない。 ドラマの後、恐いもの見たさで、この本を読んだら、これも恐かった。
そんなわけで、この本を知っていたんです(笑)

P

おはようございます!
いつもPBさんには素敵なサイトを教えていただいて感謝なのですが、この日本のサイトもいいですねぇ。ページをめくらなくても、ゆっくりなペースで絵本を読み進めてくれるので、バックグラウンドにも聴けますね。
PBさんのブログにお邪魔したら、そちらもマザーグースでうれしかったです。 それに、YouTubeもマザーグース関係が増えて、これも、嬉しいですね。
素敵なサイトのご紹介、ありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corianderuk.blog80.fc2.com/tb.php/94-b747088c

名前:
メール:
件名:
本文:

Dill

Author:Dill
イギリスのロンドン郊外に住んでいます。 
本は大好き。読む本がなくなると落ち着きません。
とうとうまわりに日本語の新しい本がなくなってしまったので、英語の本を楽しみたいと思っています。

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。