英語で本三昧

英語の朗読を聴いて楽しんでいます。 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月1日に紹介したいと思っていた詩があります。
春のうれしさを、やさしい言葉で詠っています。

Oxford Animal Poems




A Change in the Year

It is the first mild day of March:
Each minute sweeter than before,
The red-breast sings from the tall larch
That stands beside our door.

There is a blessing in the air,
Which seems a sense of joy to yield
To the bare trees, and mountains bare,
And grass in the green field.



William Wordsworth
My First Oxford Book of Poems より
by John Foster
Oxford University Press (4 May 2000)


作者は、イギリスの湖水地方を愛した、ロマン派の詩人、ワーズワース
To my sisterという長い詩の(全文はこちら)、最初の2連です。
150年前の大詩人の古典だけど、ここまでなら、すごくわかりやすい。

Red-breastは、駒鳥のこと。 
この鳥は人間をちっとも恐がらず、庭で土を掘り返していると、
土の中から出てくるみみずを狙って、そばに寄ってきます。
イギリスの庭で一番愛されている小鳥だと思います。


robin.jpg


Larchはカラマツ。 イギリスではよく大木になっているのを見かけます。

Blessingは神様が祝福しているような、幸せな気持ち。
Joy to yieldは、燦然とした喜びを生み出す、そんな感じかな。

詩は音で聞いてこそ楽しい、と思うので、音源が見つかる詩を中心に紹介していますが、これは、あまりにきれいなので、3月1日にぜひ紹介したいと思っていました。

ぜひぜひ、この詩をリズムに乗って、声に出して読んでみてください。

詩のイメージ
(私は翻訳をする柄じゃないし、
英語はそのまま楽しんだ方がいいと思うけど、イメージだけ。。。)

3月の最初の小春日和、空気がぽかぽかしている。
駒鳥の声がすると思えば、
ドアの横の木に小鳥の赤い胸がのぞいている。

春の明るい日差しの中で、
樹はまだ裸だし、山も褐色。
でも、緑の草がずっと続いている。


おまけ:
この詩の第2連では、R の入る音がいくつも続きます。よく混同してしまう、Lも出てきます。
日本人の(そして私の)超不得意の音なので、英語の勉強としては、そこを意識して読むといいんじゃないかと思います。

コメント

素敵な詩だなーと思ったらワーズワースの詩だったのですね。春の兆しを喜ぶ気持ちが伝わってきますね。Dillさんの住んでいらっしゃるところは、この詩のような一日でしょうか?こちらはIt is a first wild day of March, Each minute windier than before...there is a howling in the air といった感じです。日差しは春らしいのですが・・・

そういえば、去年の今頃だったかな?ワーズワースのダッフォディルの詩を「若者向け」にhiphopにアレンジした・・・というニュースがあって、そのあまりの的外れな発想にあきれたことを夫と覚えています。湖水地方のツーリストオフィスの発想らしいのですが・・・

http://www.telegraph.co.uk/news/main.jhtml?xml=/news/2007/04/10/nrap110.xml

michiさん、

ロンドン界隈は、今日もいい天気ですよ。
家にいるのが惜しいので、これから外に出るつもり。
Daffodilsがヒップ・ホップというのはおかしいですね。 でも娘の生活を見ていると、アレンジしたくなった人の気持ちもわかります。 娘もワーズワースなんて学校でやりたくなって。
シェークスピアならいいけど、古臭い詩なんて退屈すぎ、だそうです。(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corianderuk.blog80.fc2.com/tb.php/93-8ab05b5d

名前:
メール:
件名:
本文:

Dill

Author:Dill
イギリスのロンドン郊外に住んでいます。 
本は大好き。読む本がなくなると落ち着きません。
とうとうまわりに日本語の新しい本がなくなってしまったので、英語の本を楽しみたいと思っています。

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。