英語で本三昧

英語の朗読を聴いて楽しんでいます。 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by Philip Pullman
邦題 神秘の短剣 ライラの冒険II

久々に聴く長編Audio Book、シリーズPar1に続き作者Philip Pullmanとフルキャストの朗読による完全版、Pullmanの抑えた声が魅力的で、臨場感にあふれ、楽しかったです。

Audible2.jpg

この物語は、Part 1とはまた別の、パラレルに存在する世界に住む少年、Willから始まります。 Willは、父は行方不明、母は何かに怯えて精神的に不安定、親しい友達もいない、孤独な少年ですが、思いがけず人まで殺すことになります。

たった一人で父を探す旅に出たWillは、同じように父であるLoad Asrielを探そうとしているLyraと偶然めぐり合い、2人で旅を続けます。

やがて、Part 1のおなじみのメンバー、 Mrs Coulter、魔女のSerafina Pekkala、 気球をあやつるカーボーイ Lee Scorsebyなどがそれぞれ、Lyraを追いかけて、登場します。

Willは物静かで我慢強いものの、度重なる不幸に一人で向かってきたためか、かたくなでなかなか心をひらきません。 Lyraは好奇心が強く、恐れずにつっぱしってしまうのは相変わらず、Willをトラブルに巻き込んでしまいますが、やがて、Willもまた特別な使命を帯びた子どもであることがわかります。

この2人をとりまく大人たちは、Part 1よりさらに個性が際立ってきます。 

美しいMrs Coulter は、さらに魅惑にみちながら憎憎しく悪賢く、不気味な権力を使い、陰謀を張り巡らします。 魔女たちは、どうにも人くさく、あちらこちらに弱さがのぞき、恋の復習をしたりして、LyraとWillの運命を狂わせます。 そしてLeeはいっそう人のいいカーボーイぶりを発揮、Lyraのためならと危険をいとわず旅をします。

登場人物たちをとりまく世界の謎も、段々と方向が見えてきます。哲学的だとか、失楽園に発想を得ている、反宗教的だ、と言われる由縁もはっきりしてきて、独特の価値観が色濃くたちこめます。この世界にどっぷりひたって、物語の展開を楽しみました。

そして、このPart 2は、やがて大きな山場がやってくことがわかりながら、その前に思わぬ事件に遭遇して、終わります。 

3部作の全体をうねる大きな物語は、いよいよ佳境に入ろうとするところです。

この物語はまるでジグゾーパズルで、作者がよく考え抜いて描いた布石が、ぱちっ、ぱちっと、すこしずつかみ合わさるような、そんな印象がしました。 

英語的に言えば、本をぱらぱらと読んでみた感じでは、難しい単語が、ちょこちょこ出てくるので、なかなかすいすいとは読めず、つっかかると、読み返してしまう、というのが私の印象でした。
Audio Bookは、ナチュラルなスピードで進んで行くので、読み返す余裕がなく、わからない単語の意味はおおざっぱな想像にまかせるか、わからない部分も少しなら飛ばしていくことになります。 

私としては、細部にこだわるより、その方がかえって、全体として生き生きとしたイメージが広がるような気がしました。私にはAudio Book向きの物語でした。

ただ、この本でも、山場にさしかかるとPullmanの朗読はぐんぐんスピードがますので、佳境にさしかかって、何がおこったかわからななくなり、まき戻して聴きなおしました。

次はPart3。  ちょっと休んだら続きを聴こうと思います。

追記:Abridged 版 BBCのラジオドラマについて

以前ラジオ放送用に作られた、この物語のダイジェスト版のAudio Book を聴きました。 完全版が9時間弱、ダイジェスト版は2時間半ですから、1/4近くに省略されています。 
当時、ダイジェスト版を聴いただけでは、私にはストーリーがよくわからず、聞き取れなかったという思いが残りました。 今回完全版を読んで、この物語は、省略に向かないように思いました。
登場人物がいくつかのグループにわかれ、別のストーリーの中で行動し、やがてクライマックスに向かって一つの場所に集まっていく、そういう物語ですから、どこかの部分をばっさり省略したら意味がわからなくなります。 勢い、全てのストーリーの筋を急いで説明するので、わかりにくいのです。しかも省略版もフルキャスト、いろんな声が出てくるので、私には聞きにくかったのだと思います。

コメント

娘がNetflicksの会員で映画をネットで見ています。月に見れる数が決まっているのですが、決まった数に達する事がないので、私も便乗して見ています。居場所は違うのですがパスワードで共有できるんですよ。本もオーディオがダウンロードできるなんて知りませんでした。オーディオは編み物、料理をする時にはいいですね!ところでBBCのテレビ番組、いいのがありますねぇ~。

chiblitsさん

Netflicksは、インターネットのレンタルビデオのようなものなんですね・・・そういうサービスがあることは時々みかけたけど、試したことがありませんでした。便利そうですねぇ。 
でも実は我が家は、ソニーのロケーションフリーを入れていて、日本の番組をインターネット経由で見ることができるので、もうこれ以上テレビにくっついていたら何にもできない(笑)
あとはオーディオブックでいくのがちょうどいいです。
BBCの料理番組、私も好きでよく見てます。BBCじゃないけど、オリバーの野菜畑の料理とか、ゴードンのKitchen Hellもつい見てしまいます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corianderuk.blog80.fc2.com/tb.php/75-8c0aeac6

名前:
メール:
件名:
本文:

Dill

Author:Dill
イギリスのロンドン郊外に住んでいます。 
本は大好き。読む本がなくなると落ち着きません。
とうとうまわりに日本語の新しい本がなくなってしまったので、英語の本を楽しみたいと思っています。

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。