英語で本三昧

英語の朗読を聴いて楽しんでいます。 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キッチンにおいていたラジオが壊れました。 保証期間中なのでイギリスのCustomer Serviceに電話をしたら、直すのでラジオをドイツまで送ってくれと言われ、困りました。 キッチンではテレビは見えないし、ラジオがないと寂しい。 それで、思い切って、もう一度Audible の会員になり、さっそくダウンロード。

Audilbe3.jpgAudible2.jpg

ちょうど一年前、Audible co.uk (イギリス法人)のお試し会員になって(ここ)、その後迷って、キャンセルしました。 
入ってから気づいたけど、実はイギリス法人だと、アメリカ法人より会費がぐっと割高でした。 
この時代、インターネットのサービス価格が国によってこんなに違うなんて、ちょっと裏切られた感じで、ま、とりあえずキャンセルしておこう、とそのままでした。

でも、時々、Audibleのページはのぞいていました。 生きのいい新刊のAudio Bookが入ってくるし、図書館にはなかなか新刊は入らないし、やっぱり再入会しようかな、と迷っていました。

Audibleは専用のソフトでダウンロードするので、コンピュータのIDのようなものが登録されているらしく、Audibleのイギリス法人からアメリカ法人への乗り換えができなさそう・・・と思っていたのですが、たまたま息子用に新しいPCを購入。

このPCから、ダンナの名前で会員手続きをしたら、OKでした。 
(イギリス在住とするとイギリス法人に強制的に飛ぶので、日本在住にしておきました。)

もう一度お試し無料3クレジットをもらえたのも、すごくうれしい。
(お試しキャンペーンのページはこちらからどうぞ)
そんなわけで、最初の2冊をダウンロードしました。

今回は、しばらく、月2クレジットのプラチナ会員を続けてみようと思っています。
Audio Bookを聞きながら、春にむけて家の大掃除もはかどりそう、かな。

余談ですが・・・
なぞなのは、クレジットのつき方。 
Audibleでは価格が安いものも、高いものも、ほとんどどの作品が一冊につき1クレジットのようなのですが(だから絵本とか子ども向けの本がボリュームの割りにすごく高くつくのは、かなり不満)、新刊では2クレジットになっている本が多いような気がします。

これは本屋さんのように新刊やベストセラーの時は高く売り、しばらくすると安くする(1クレジットに落とす。。。)という方法を、Audibleも取っているのかしら?
実は、His Dark Materialsの続き、3巻が2クレジットなので、待つべきか迷っているのです。

コメント

Dillさん、こんにちは!
ブログにお越しいただいてありがとうございました♪

>これは本屋さんのように新刊やベストセラーの時は高く売り、しばらくすると安くする(1クレジットに落とす。。。)という方法を、Audibleも取っているのかしら?
以前「The Penderwicks」という本が会員価格$19.11(6h43m)で2クレジットで少し割高だなぁと思っていたら、気がついた時には値段はそのままで1クレジットになっていましたよ~。(ちょっと悔しかった。笑)
どのくらいの期間で切り替わるのかわからないのですが;;参考になれば♪

nさん、

こんにちは。
こちらこそありがとうございます。nさんのブログの情報は、すごく役に立って感謝です♪

そして、クレジットのつけかた、やっぱり、そういうカラクリなんですね(笑)。商売ですから当然でしょうか。 
Audibleにはもうちょっと、時間と値段とクレジットの相関関係をきっちりして欲しいですねぇ(苦笑)。
私はWinnie the PoohとA.A.ミルンの詩の朗読、全部で4クレジットが欲しいけど、割高で、躊躇してます。
絵本は試聴で楽しめるけど、児童書は難しいところですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corianderuk.blog80.fc2.com/tb.php/73-3a5eb033

名前:
メール:
件名:
本文:

Dill

Author:Dill
イギリスのロンドン郊外に住んでいます。 
本は大好き。読む本がなくなると落ち着きません。
とうとうまわりに日本語の新しい本がなくなってしまったので、英語の本を楽しみたいと思っています。

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。