英語で本三昧

英語の朗読を聴いて楽しんでいます。 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さっそくMaureenが薦めてくれたIntuitionに電話をしようとして、思いとどまりました。
ブログに書くために電話をするなら、よく考えて、普通は(聞きたいけど)聞けないようなことも図々しく質問してみよう、と思いついたからです。 
ちょっと、作戦を考えてみよう

bodigam castle
近くの古城。ここの野外劇はとりわけ幻想的 @National Trust

ホームスティをしながら教えてくれる先生を紹介するエージェント、IntuitionのHPはここ。 さらっと見て感じたことは・・・
日本語に加え、英、仏、伊、西、葡、独、中の各国語の説明があり、多様な国から生徒を集めているようだな。
 説明は要点をコンパクトにまとめていて、派手じゃないけど、必要なことはきっちり書いてある。
 ただ、リンク切れのページがあったり、資料請求のページもエラーになるし、インターネットの小まめなアップデートまでは手がまわらない、のかな? 
 地道に商売しているこじんまりした会社という感じ。

肝心の価格は、基本コースが、宿泊とレッスン(15回×50分)、3食込み(だと思う)で、一週間で£599、ロンドンなどの大都会だと£75追加とか。
本日のレート(このページが便利)で一週間の基本料金123,000円。 ロンドンだと約140000円かぁ。これを高いと見るか? 

たとえばやや高めの英語学校と比較してみる。 Bell International でロンドンの学校に週15時間、一週間通うと、学費(Bellのプログラムは日帰り旅行なども含んでいるなど、活動は多彩)が£260で、ホームスティが£182の合計93000円。

学校に通う場合に比べて50%増しで、この差は大きい。もちろん他に飛行機代や空港との往復代、観光代や外食代などもかかる。かなりの覚悟が必要な金額だ。

Learning for pleasure, 趣味とともに英語を学ぶ、というコースもある。イギリス料理、アンティークやガーデン探訪、ガーデニング、アートと、いかにもイギリスらしいメニューがならんで興味深々だけど、どのぐらいじっくり楽しめるのかしら?ビジネス英語もかなり専門的に用意されている模様。

igham.jpg
ここもウチからすぐちかく。National TrustのPropertyは素晴らしい。@Nationa Trust

私自身としては、先生の家でホームスティというのはなかなか面白い方法だと思う。でも以下のようなことを確認してみたい・・・

値段:
 高いと感じるけど、この値段にみあう、密度の濃い個人レッスンが必ず受けられるの?
 HPによると知人と2人で受けると、一人当たりの価格はかなり下がると書いてあったけど、それはいい方法なの? 夫婦や親子ではどう?

先生:
 レッスンも宿泊も一人の先生に依存するのだから、先生のあたりはずれは、切実な問題。
 どんな先生が登録しているの? 教師の採用基準は?
 HPで紹介されているのは、みんな経験豊かで、立派な家に住んでいる(イギリスの標準よりかなり上だと思う)先生だけど、全ての先生がそんな感じなの?
 先生の教える技量も、自宅の施設も当然いろんなレベルがあると思うけど、どの先生でも同じ値段なの?
 好みの先生を自分で選べるの?先生が決まるまでのプロセスは?

宿泊:
 大人になってのホームスティ、やっぱりある程度は快適でありたいと思うけど、個室、トイレ、お風呂、食事などはどういう基準なの?
 滞在中は、ずっと先生と行動をともにする場合が多いの? それとも授業以外の時間は、一人で外出する人が多いの?
 イギリスは公共交通がとても不便な国、特に田舎は自家用車がないとどこにも行けない。 ホームスティ先から一人で外出する場合の交通手段は?

お客さんとして問い合わせる時は、遠慮して、聞きにくいことも多いけど、ブログで紹介すると言えば、もっと積極的に質問できそう。 読者の方が知りたがっているんです!というのが言い訳になるし。彼らも宣伝になると思って、熱心に返事してくれるかな?
できればオフィスに行って実際に担当の方に会えるといいなぁ。

knole.jpg
鹿が庭で遊ぶ邸宅。内装はとりわけ豪華@National Trust

以上が私が思いついた質問だけど、どう聞いたらいいかわからないこともあります。
レッスンの内容について、もっと具体的に聞きたいけど、何をどう質問したらいいか、イメージがはっきりわきません。
一対一レッスンって、良さそうだけど、目的をはっきりさせず流されてしまうと、ただ雑談するだけで終わってしまうことも、実は多い。(先生はこの方が断然楽だから・・・)
一週間で、具体的にどんな英語の進歩があったら、価値を実感できるのかしら。どんな授業をしたいと先生にリクエストすると思いますか? 具体的なイメージがわきますか? 
 
よろしければ、ご意見を聞かせてください。 
一週間後ぐらいに、Intuitionに電話をしようかな、と思っています。

コメント

素敵ですね!

Dillさん、おかえりなさい!
息つく暇もないくらい、魅力的なエントリーが満載ですね。
私もこの歳では 冒険(ホームステイ)もできませんが、
このまま英語に興味を持ち続けるなら、晩年になってもいいから訪れたい!とドキドキしています♪

この豊富な経験を生かしたDillさんの要点から、生徒として問い合わせるには多くの状況想定が必要なんだと実感しました。

そしてエージェント側からすると、
生徒の現時点の英語レベル、短期ホームステイの目的(「観光半分+日常会話に慣れる」、お母様は英語のブラッシュアップなど)etcがわかっていないと適当な滞在宅を紹介しにくそうだなーと思います。(向こうの人に自分の英語レベルを伝えるときのモノサシがよくわかりませんので、適当に書いてます;汗)

Dillさんのおっしゃるとおり、具体的な生徒例があると問い合わせもスムーズになりそうですね♪
(例えば留学する可能性のありそうなお友達を生徒さんにみたてたりして質問しちゃうとか…)

続きを楽しみにしていまーす(*^_^*)

PS きれいな写真が生えるテンプレートですね!

ぴっちゃんさん、

こんにちは、
ぴっちゃんさんが「こんな年で冒険できない」としたら、私なんてなおさら冒険できない・・・そう言わずに、いろいろ冒険しましょうよ。 物理的に遠くに行くのが難しかったら、気持ちの冒険とか。 でも洋書の多読って、もしかしたら、気持ちの冒険なのかもしれませんね?
ところで、ホームスティの件ですが、おっしゃるとおりで、個人ベースの勉強って、目標が具体的であればあるほど、先生も準備しやすいし、生徒も満足しやすいのじゃないかなぁ、という気がします。 
もともと大人のホームスティをしたいと言いだしっぺの友人からも、こんなことをしたい、というメールをもらいました。 興味の赴くまま、ちょっと調べてみます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corianderuk.blog80.fc2.com/tb.php/66-87e583c5

名前:
メール:
件名:
本文:

Dill

Author:Dill
イギリスのロンドン郊外に住んでいます。 
本は大好き。読む本がなくなると落ち着きません。
とうとうまわりに日本語の新しい本がなくなってしまったので、英語の本を楽しみたいと思っています。

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。