英語で本三昧

英語の朗読を聴いて楽しんでいます。 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日ご紹介した、Maureenに電話をして、友人が大人向けのホームスティをさがしているのだけど、あなたはもうやってないのかしら。。。と聞きました。

globe-theatre01.jpg
彼女と行ったシェークスピアグローブ座 今年は真夏の夜の夢をやるみたい
まずは、とても残念だけど(I am almost tempted…だと言っていました)彼女自身は、もう英語を教えることはできないそうです。 お孫さんは4歳半で小学校に入学したばかり、幼稚園に通う2歳のお孫さんもいて、それぞれをピックアップをして、ママが帰ってくる夕方までお世話をしているそうです。それはそれは、楽しそう!

lollipoplady_joanmcgloughin.jpg
 イギリスの緑のおばさんは、Lollypop Lady 標識が飴みたいだから

まず、彼女が登録していたAgentを教えてくれました。 In Tuitionというそうです。
信頼できて、Nice Chapがいてよく世話をしてくれる。
そこに電話をすれば、きっといい先生を紹介してくれるわよ、とこのAgentへの信頼感があふれている感じでした。

そこで、いくつか質問してみました。

先生の家のホームスティという方法は、英語学校に通うより効果があると思う?
生徒の目的にもよるけれど、英語の上達を望むなら、Hugely worthwhileだと思う。
レッスンの開始から、すぐレベルにぴったりのレッスンを受けられる。しかも1対1というのは、かなり密度が高く、グループとは全く進歩が違う。
英語学校に通えば、レッスン中は英語でも、授業が終われば生徒はみんな英語以外の言葉を使うけど、先生の家にホームスティすると、いつも英語に浸っていられる。

shakespear-globe.gif
 グローブ座の内部・立ち見もあって独特な熱気

一週間にどれぐらいのレッスンを取るといいの?
英語の上達が第一目的ならば、一日3-4時間を薦める。午前2時間、午後2時間でへとへとになるほど内容のある勉強ができる。先生の方も準備がかなり大変で、これ以上はあまり薦めない。
2回、毎日6時間という生徒を受け入れたけど、生徒も先生もあまりに大変で、帰るのが待ち遠しいという感じだった。ま、彼らは会社に支払ってもらったから費用は問題じゃなかったらしいけど。
あっちこっちでかけたいなら一日2時間でもいいけど、ちょっと短いかなぁ。毎日ロンドンに行っても退屈するしねぇ。

趣味のあう先生とめぐり合うことはできる?
Agentに聞いてみるといい。確か、歴史とか、ガーデニングとか興味が共通の先生をマッチングするコースがあったと思う。ただし、Extraのコストがかかるけどね。
そういうコースを取ると、英語のレッスンに加え、先生が3×半日、関連のあるところに連れて行ってくれるのだったと思う。

block2_chel.jpgblock3_chel.jpgblock4_chel.jpg
5月末のChelsea Flower Show。一昨年彼女と行ったガーデニングの祭典

どんな生徒が多いの?
私は、フランス人、スペイン人が多くて、日本人もちらほら教えたかな。でもこのごろ日本人の生徒が減ったらしいわ。(私が、そうねぇ、このごろイギリスでの日本人の存在感は下がっているような。。と言うと、)そうそう、今はやっぱりChineseが目立つわね。
このプログラムは、安くはないから若い学生ではなくて、自分で稼いでる大人が多い。 仕事がらみも多くて、その中には会社が費用を負担しているという場合もある。

いい先生を紹介してもらうための秘訣は?
Experiencedな先生を頼むこと。 短い時間しかないのに、英語のレベルや、生徒が何を必要かを判断するのに手間取るような先生だったら、無駄が多い。 やっぱり新人より経験が長い人のほうが、いいと思う。
このAgentはGood collection of Teachersがいるので、きっといい先生が紹介してもらえると思う。 滞在2日目ぐらいには、Agentが生徒に電話をしてきて、全てがうまくいっているかどうか、確認してくれる。 先生が気に入らない場合、変更を頼むこともできるから、安心。
私のところに来た生徒で2人ほど、他のAgentでやってみたけど満足できなかったと言った生徒がいた。In Tuitionはなかなかいいと思う。

他に何か役立つ情報は?
生徒が多くて忙しいシーズンは避けた方がいいと思う。特に夏はあまりよくなくて、4月ぐらいの春が、気候もいいし、一番お勧めの時期かな。
私がやっていたころは、登録している先生の数はかなり多かったけど、生徒も多くて、handleしきれないと言っていた。
この手のことに興味があったら、The Language Showに行くといろんな人に会えておもしろいと思う。

肝心の費用はAgentに聞いた方がストレートなので、あえて聞きませんでした。それも合わせ、今度はIntuitionというAgentに電話してみようと思います。日本語のブログ上で紹介したいと言って、くわしい情報を聞いてみようと思います。
もし、興味があって、こんな情報を聞いて、ということがあったら、コメントかメールで教えてくださいね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corianderuk.blog80.fc2.com/tb.php/65-b643b249

名前:
メール:
件名:
本文:

Dill

Author:Dill
イギリスのロンドン郊外に住んでいます。 
本は大好き。読む本がなくなると落ち着きません。
とうとうまわりに日本語の新しい本がなくなってしまったので、英語の本を楽しみたいと思っています。

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。