英語で本三昧

英語の朗読を聴いて楽しんでいます。 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春爛漫のここ数日、外は芝生の緑に水仙が映えて、鳥が鳴いています。家の中まで春の日差しがいっぱいです。





I’m Glad


I’m glad the sky is painted blue,


And earth s painted green,


With such a lot of nice fresh air


All sandwiched in between.


 


Anonymous


 


from A puffin Year of Stories and Poems



 


私の好きな春


 


山桜 
一重の桃色の花と、紫がかった茶色の若芽が好き。
イギリスには山桜みたいな桜があちこちにあって、夏にすっぱいチェリーがたくさん成ります。 この実をパイにすると美味しいです。この花はもう殆ど散りました。
そうそう、イギリスに来て、梅、桜、桃がたくさんあるのがうれしいと思ったけど、それが全て同じ時期に咲くような気がするのは私だけでしょうか。 


桜餅 
それも絶対道明寺。 葉っぱの香りがとりわけ好き。
インターネットで和菓子の材料屋さんに注文して、桜の葉の塩づけや、乾燥よもぎを日本から持ってきます。作るのは手抜きで電子レンジだけど、しみじみおいしいです。



新しい学年が始まるというわくわくする気もち
昨日春の日差しをあびてたら、一年のはじまりはやっぱり春だなぁ、と思いました。 9月に新学期を迎えるのもいいけど(夏休み2ヶ月でたっぷり遊べるから)、やっぱり春の方がしっくりくる。


 イースター卵作り
卵の殻を割らないように、中身を小さな穴から噴き出して、きれいに洗って絵を描きます。 子どもは、イースターホリデーになる前の最後の日に、学校にチョコレートの卵をもって行って、クラスの仲間にあげます。かわいうさぎグッズがどの店でも飾られます。


いちごババロアとか、春の好物の食べ物ならにいくらでも思いつきそうだけど、欲張りすぎだな。



追記



写真は、Green Man Garden ServicesChesterの写真をお借りしました。 私の写真は、ちょっとも素敵じゃなかったので。 


コメント

michiさん、
michiさんが冬に楽しんで入らしたアイディアをお借りしてしまいました。 昨日、庭で草取りをしながらいつのまにか、好きなものを数え上げていました。
Dill

Dillさん
私もDillさんのアイディアをお借りして、春の楽しみを考えてみます♪

写真を最初に拝見して、「イングランドはあったかいんだな」と思ったのですが(笑)、でも、もう水仙はたくさん咲いていますか?こちらもすこしずつ見られるようになりました。お天気はいいのですが、風が強くて、思わず「さむいねー」と言ってしまいます。

冬に戻った!

わぁ、もう水仙が咲いているのですね。
花を見ると、すっかり春の気分になります!

こちら北海道では3月に入ってから、すっかり冬に逆戻りです。2月は暖かい日が続いて、今年の春は早いだろう、と予想していたのですが、3月になってから吹雪の日が続いています。今日やっと晴天になりました。結局いつもの年と同じ雪の量でした(苦笑)
早く、春が来て欲しい♪
イングランドの春は美しいですね。水仙の向こうに見えるのはさくらでしょうか?

michiさん
イングランドは水仙の盛りで、こぶしも真っ盛り、春が爛漫です。 梅も桜も、もう散りました。日も長くなり、そろそろ夏のプランも立てなくては・・・
こちらは、夏と冬の日の長さの違いが大きいだけに、ひときわ春がうれしいです。初めてイギリスに来た時は、暗くて雨の多いじめじめした冬が過ごしにくくて、動物の冬眠する気持ちがわかるなぁ、としみじみ思ったものです。 スコットランドは緯度が高い分、余計に日の長さの違いが大きいのでしょうね。

リウマチばあちゃんさん、
日本は寒波がもどったのですね。 イギリスは一気に春に突入です。 イギリスでは一年中芝生が枯れないので、春の花が緑の芝生の中から伸びてくるのが、ひときわきれいです。
この季節は春風が呼んでいる、と気もそぞろで、なかなかゆっくり本を読んでいられないですね(笑)。昨日は、日本からもってきたへちまとひょうたんの種を植えました。 イギリスではどちらも見かけたことがないので、うまく育ったら、面白いと思っています。

道明寺、賛成です!

こんにちは、びっちゃんです(*^_^*)
イングランドの春、素敵です♪
私も桜に桜餅!もちろん道明寺!!
イースター卵作りは春の催しだったんですね(*^_^*)
絵本にも登場し始めるかしら(笑)

イングランドの春の便り前にして、リウマチばあちゃんさんと同様、未だ底冷えに悩まされております。灯油を使い切るかどうか、未だ悩んでます♪
でも、菜の花のおひたしやワカタケ煮が食膳を飾ったり、フキノトウが育ち始めると、やっぱり春ですね♪

びっちゃんさん、
道明寺の桜餅を食べて春を満喫していたら、こちらでも突然冬が戻ってきました。
今日はとりわけ、ヒョウや雪が降ったかと思うと、突然太陽がさんさんと輝き、代わり身の早い天気です。イギリス人が、イギリスらしい天気ねぇ、と苦笑していました。(一日に4季があると冗談に言うほど、イギリスの天気は変化が激しいのです)
菜の花のおひたし、若竹煮、なんて聞くと京都に飛んでいきたくなります。 繊細な和食が恋しいなぁ。

初めまして

こんにちは。
英語の本繋がりで、こちらに辿り着きました。
水仙の写真・・・とても綺麗で見とれてしまいました。
詩も素敵です。
とても癒されたので、嬉しくてコメントを残しました。
わたしも英語の本好きですが、詳しくないので、これから、参考に記事を読ませて下さいね。

Roseさん
コメントありがとうございました。
イギリスに来て何より驚いたのは、田舎はもちろん、住宅地でも自然がふんだんにあることです。 そして、その自然を残すために、不便や経済的な不都合をずいぶん受け入れていることも、段々わかってきました。
そうやって、自然を楽しんでいるので、春から夏の花々は、とてもとてもきれいで、みとれてしまいます。 私も写真が上手だったら、みなさんに近所の花の美しさをご紹介できるのですが。。。
これからもどうぞ、よろしくお願いしますね。

Dillさん、こんばんは!
Dillさんやmichiさんのblogでイースターに興味が涌いてきました♪
読んだ絵本をアップしようと思うのですが、春の空気をリンクさせて頂いて宜しいでしょうか♪
事後承諾になってしまったらごめんなさ~い。
ところで、実は…
あまりにも有名なジェーンオースティンなのに。
実は多読するまで読んだことがありませんでした(^_^;)
私、恋愛物はダメな人のはずなのですが…
Persuasion をGRで読んだときに、なんと強さと奥ゆかしさを内に秘めた女性だろう…と夢中になって読んでしまいました。
(多分Pride and Prejudiceとは正反対の女性が主人公だと思います)
男女の気持ちのすれ違いにドキドキして、最後は喜び泣き(笑)
Jane Austenは、そのころから絶対よみたぁい!と思う作品です(*^_^*)
Persuasionや DillさんのCassandra's Sisterの記事を読み、相手の経済状態がネックで結婚できないことが多い時代なんだなぁと漠然と思っていました。
今回、女性の財産を読ませて頂いて驚き!
昔は婚約など堅苦しい事が多いと思っていましたが、
お家のためだけでなく、我が娘の将来の幸せのために親として与えてやれる愛情だったのかもしれないなぁと思ってきました。
不自由なく育ってきた娘が心の支えとなる伴侶もなく年収40万に転落するなんて、生きている方が残酷だと思いました。
自ら命を絶つ人もおられたのではないかと別の方向に心が動きます…
(女性は強いかな?)

今はGRで我慢ですが、Cassandra's Sisterなども楽しみながらPride and Prejudiceにたどり着ければなぁとおもいます♪
考えさせられる記事を有り難うございました…

えっと、本題は「春の空気」をリンクさせてくださいね~でした♪

きれいな所ですね~!
詩もこの景色とぴったり^^
ピクニックに同行したようなワクワク感も与えてくれる、かわいい詩ですね。

私もDillさんの真似をして、これからメルボルンの秋の写真をいくつか貼りますぅ~。

こちら日本は桜満開です。

そして水仙の花も全開です。

Dill さん、こんにちは。
デジカメを買ったついでに、僕もブログに花の写真を載せてみました。
といっても Dill さんのような素敵な風景ではなく、たんに自宅に咲く花の写真、ですが…

花を愛でる心など全くなかったのですが、写真を撮ってみて水仙に惚れました。

いろんな種類があるんですね。びっくり。
あの、うつむき加減なところが、美しくも悲しきナルキッソス、ですね。



びっちゃんさん、
すっかりブログにご無沙汰していて、コメントを見逃していてごめんなさい! 
私も今回が初めてのJane Austenなんです。読めば読むほど、思うことの多い、奥の深い世界だと思うので、これから少しずつ楽しんでいきたいと思っています!
今、イギリスはイースターの春休み、子どものおつきあいで、毎日春の街を歩いています。水仙に、チューリップ、ムスカリに桜、そしてブルーベル、とイギリスの一番きれいな季節がなんとも美しくて、心が躍るような気がしています。

Kさん
コメントありがとうございます。オーストラリアは、秋、これから冬に向かうのですね。頭では知ってしても、感覚的には不思議な気がします。 数年前、オーストラリアの小さい島で休暇を過ごし、忘れがたい思いをしました。 鳥は極彩色、花はエキゾチック、風景は夢のようでした。また、行きたいです。
オーストラリアの秋の写真を楽しみにしています!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corianderuk.blog80.fc2.com/tb.php/36-76c130ea

【洋書多読】Easter

桜、7分咲き♪浮き立つ季節となりました(*^_^*)春と言えば、花見しか思いつかない私(^_^;)他の行事といえば、お釈迦様のお生まれになった花祭り、甘茶をかけてお祝いしましょ…しか思いつかない地味ぃ~な私(^_

名前:
メール:
件名:
本文:

Dill

Author:Dill
イギリスのロンドン郊外に住んでいます。 
本は大好き。読む本がなくなると落ち着きません。
とうとうまわりに日本語の新しい本がなくなってしまったので、英語の本を楽しみたいと思っています。

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。