英語で本三昧

英語の朗読を聴いて楽しんでいます。 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語が難しくなくて、面白くて、愉快な本を探していたら、この本に出会いました。


 


Swindonというイギリスの田舎町にすむChristopherは、夜中に一人で外に出ると、犬が殺されているのを見つけます。庭仕事に使うフォークでWellingtonという近所の家の犬が刺されて死んでいたのです。 血まみれの犬を抱きかかえているChristopherに、かけつけた犬の飼い主Mrs Shearsは叫び声を上げ、やがてやってきた警官はChristopherを警察に引っ張っていきます。


Christopher15歳、この犬を殺した犯人を見つける決心をして、そのProjectの記録をつけるためにこの本を書き始めます。  


この本を読み始めてすぐ、Christopherが数学の天才であることがわかります。そしてそのほかのたくさんのことも。。
Wellingtonを殺した犯人は、この本の真ん中あたりでわかるのですが、それからChristopherはもっと大きなProjectをはじめることになります。



英語としてはとてもシンプルで読みやすく(数学については???が飛びましたが)、いったいどうなるのか、読み始めたらやめられませんでした。この本は、この少年と知り合う物語です。そして、Christopherは、私が今まで気づかなかったことを、深く感じる少年です。この少年の目を通してみると、世界が違って見えます。
あまり予備知識をもたずに、素直に彼の話しに耳を傾けながら読むのが、この本の一番の楽しさだと思うので、これ以上は具体的には書きません。 


昨日の午後借りてきて、今朝一気に読み終わりました。 ユーモアにあふれていて、くすっ、と感じるところがあちこちにあります。ついつい涙ぐんでしまうこともありました。そして、宇宙について、地球について、星について、朝焼けやBirdsongsや、そしてとりわけ人について、たくさんのことを考えました。


この本は、図書館では大人コーナーとTeenコーナーの両方においてありました。そういう本だと思います。



コメント

私もこの本、読みました。日本にいたころ、Christopherのような子たち(実際はもっと症状が重い子たちでしたが)に関わるボランティアをしていたので、読みながら、あのときは不可解だった彼らの行動がすこーしわかったような気がしましたし、Christopherの親たちのストレスもわかるような気がしました。


Dillさん、読まれるのが速いですね!

michiさん、
自閉症を身近に知らないせいなのでしょう、私はChiristopherの内面の世界について知ることにぐいぐいひきつけられ、外面のことにあまり考えがまわりませんでした。 それでも、とても好きな本でした。
読むのは決して早くないのですが、せっかちなんです。だから、長い英語の本をちゃんと読むのが、どうも苦手なんです(苦笑)

Dillさん、この本、私も読みました!(*^-^*)と言いたいところなのですが、実は数学の難しいページだけ、とばして読んでしまった記憶があります。。。(´_`。)彼のような人たちは、もしかしたら世界を別の視点から捉える才能を持った稀有な存在なのかもしれませんね。日本に置いてきてしまったのですが、帰ったらもう一度読んでみたいと思います。

nikoさん、
そうですね、私も、稀有な才能をもった人の幸せって何だろうと、考えさせられました。 
一昨日、テレビで、Child Geniusという番組を見ました。 イギリスの10人の天才少年少女を紹介していて、これから数年にわたって、彼らの軌跡を追い続けるそうです。
彼らはIQが170もあったりして、チェスや文学や、哲学や化学などに大人を凌駕する力をもっています。でも、これほどGiftedな子どもたちも、同じ年齢の子どもとあわず、大人との付き合いに限定されてしまう、合った学校が見つけられず家庭で親と学ぶことになる、過大なプレッシャーがかかっている、そして何より自分と同じような人がまわりにいないために自分をOddと感じる。。。と多くの悩みをもっていることを伝えていました。 
番組のトーンとして、子どもや親の悩みに寄り添おうとしながら、一方で、これは行き過ぎだという部外者的な冷めた目も感じました。
Chiristopherのことを何度も思い出す番組でした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corianderuk.blog80.fc2.com/tb.php/27-6f7d35ef

The Curious Incident of the Dog in the Night-time Mark Haddon (Vintage)

自閉症の少年 Christopher が繰り広げる日常冒険物語。近所の犬が殺されたのを発見した Christopher は、その犯人を突き止めるべく「探偵」となり事件の調査を始めます。そして調査の中で様々な隠された事実を発見していった彼は、ついに彼にとっての「大冒険」へと旅立...

名前:
メール:
件名:
本文:

Dill

Author:Dill
イギリスのロンドン郊外に住んでいます。 
本は大好き。読む本がなくなると落ち着きません。
とうとうまわりに日本語の新しい本がなくなってしまったので、英語の本を楽しみたいと思っています。

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。