英語で本三昧

英語の朗読を聴いて楽しんでいます。 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
岩波少年文庫50冊を、LibriVoxで聴けるか調べた勢いで、
LibriVoxで聴ける、子どもの本のリストを作ってみました。
子どもの本と言っても、いろいろあるし、難しさもそれぞれですが、
ここでは岩波少年文庫のリストを見ながら、LibriVoxで聴ける本を並べて、
最後に岩波少年文庫にはないけど、これは絶対お勧めという作品を追加しました。

表紙を見ているだけでも、楽しいですよね!

isoppu.jpg
Migi.jpgイソップ物語

古代ギリシャの寓話、「ありとキリギリス」「うわぎとかめ」などとっても短い物語の多いアンソロジー。
イソップ寓話全集(全12巻)もあるけど、子ども向け選集、Junior Classicの方がききやすいかも。 


gurimu.jpg
Migi.jpgグリム童話集


「ヘンゼルとグレーテル」「ブレーメンの音楽隊」「あかずきんちゃん」などが、
ドイツ語、英語、どちらも登録されていてます。
このAudioBookの感想はこちらを


anderusen.jpg
Migi.jpgアンデルセン童話

デンマークからは、「人魚姫」、「親指姫」、「マッチ売りの少女」など。
Fairly Tailとしては一作ごとがやや長いので、
聴き応えもあります。


pero.jpg
Migi.jpgペロー童話集

「長靴をはいた猫」が良く知られた、フランスの昔話です。
ドイツのグリムとはまたちがった雰囲気がありますよね。
このAudioBookの感想はこちらです。



taiyonou.jpg
Migi.jpg太陽の東 月の西
 
北欧の魅力的な民話集。
LibriVoxでは録音がほとんど終わっています。
出来上がりが待ち遠しい。
East of the Sun and West of the Moon



arabian.jpg
Migi.jpgアラビアン・ナイト

イギリス人が英語に訳したThe Book of A Thousand Nights and a Nightが、3部作で聴けます
3つあわせて45時間の大作です。



pinokio.jpg
Migi.jpgピノッキオの冒険

イタリアのいたずらっ子の物語、
英語で聴くとやさしめで、楽しいです。
このAudioBookの感想はこちらを


OZnomahou.jpg
Migi.jpgオズの魔法使い

アメリカを代表する子どもの本の古典。
シリーズをほとんどLibriVoxで聴けます。
このAudioBookの感想はこちらを




shoukoujyo.jpg
Migi.jpg小公女

バーネットの作品は、これが一番有名かも。
素敵な朗読です。
このAudioBookの感想はこちらを


PeterPan.jpg
Migi.jpgピーター・パン

アニメのイメージで有名だけど、なかなか原作は読まない本のような気がします。
このAudioBookは2つのバージョンがLibriVoxにあるのですが、ソロの録音も進行中です




asinaga.jpg
Migi.jpg足長おじさん

これもタイトルは有名だけど、原作を読む人は減っているのかな・・・
若い女性を主人公にした、シンデレラ物語。
聴きやすくて楽しいAudioBookです。
感想はこちら



syojyo.jpg
Migi.jpg少女ポリアンナ

有名度はちょっと低いけど、聴きやすくて、楽しいAudioBookです。
お勧めします。
私の感想はこちらです



ohime.jpg
Migi.jpgゴブリンとお姫さまの物語

ファンタジーのさきがけとなった昔話風の物語。 私はまだ聴いてなかったのですが、前から気になってました。
LibriVoxには2つのソロがあって、女性の朗読男性の朗読、どっちも素的そうです。


kaitou.jpg
Migi.jpg怪盗ルパン 

シャーロックホームズのライバル、フランス人のアンセーヌルパンもLibriVoxで聴けます
楽しかったですよ!



Yuki.jpg
Migi.jpg雪女

日本に帰化したラフカディオ・ハーンの怪談の原作は、
英語でした。 日本のこわーい世界を、英語でどうぞ。
このAudioBookの感想はこちらを


kurisumasu.jpg
Migi.jpg
クリスマスキャロル
イギリスの文豪の有名で短めな、クリスマス物語。
短めでイギリス古典の中では聴きやすい一冊。このソロをおすすめします。


jigiru.jpg
Migi.jpgジギルとハイド氏

こんな本も岩波少年文庫にはいっているんですねぇ。
LibriVoxにも入っているのですが、これはきっと大人向けの本で、
やや難しいかな。



arthur.jpg
Migi.jpgアーサー王物語

中世イギリスの王の伝説で、円卓の騎士が活躍。 LibriVoxにはアーサー王が登場するたくさんの物語が登録されているけど、子ども向けのこれが聞きやすいかな。


robinfood.jpg
Migi.jpgロビンフッドの冒険

イギリスの伝説を題材にした、冒険物語。
私は聴いたことがないのですが、11時間でかなりの大作ですね



saigo.jpg
Migi.jpg最後の一葉 

アメリカ人のO.Henryの有名な短編で、彼の短編集に入っています。
欧米ではクリスマスの定番、「賢者の贈り物」の方がもっと有名で、この物語はLibriVoxにいくつも登録されています。



shake.jpg
Migi.jpgシェークスピア物語

シェークスピアの原作を聴くなんて、難しすぎ!ですよね。
これは、18世紀に書かれた、子どもむけのダイジェスト版です。
素的な朗読手に恵まれて、楽しいAudioBookになっています。




a-dog.jpg
Migi.jpgフランダースの犬


ベルギーを舞台にした少年と犬の物語。
ちょっと古風ですが、比較的短い朗読です。
感想はこちらです





a-dog.jpg
Migi.jpg黒馬物語


イギリスに生まれた美しい黒馬の物語。
持ち主が変わるとともに流転する一生。
感想はこちらです












岩波少年文庫には入っていないけど、
子どもの古典でLibriVoxで聴ける本は、まだあります。



akage.jpg
Migi.jpg赤毛のアン

このシリーズもほとんどがLibriVoxで聴けて、
人気のAudioBookのひとつです。私も断然お勧めします・・・市販のCDに負けない素晴らしいAudioBookがそろっています。
アンシリーズの有料のAudibleと無料のLibriVoxの聴き比べ覚書はこちらを




igirisu.jpg
Migi.jpgイギリスの童話

3びきの子豚、3びきの熊、ジャックと豆の木と、
楽しい物語がたくさんのイギリスの民話集.
このAudioBookの感想はこちらを


sunano.jpg
Migi.jpg砂の妖精

イギリス人の作家、Nesbitの作品も
LirbiVoxにずらっと勢ぞろいしています。
このAudioBookの感想はこちらを



pi-ta.jpg
Migi.jpgピーターラビット

紹介は最後になったけど、
LibriVoxのごく初期に録音された魅力的なAudioBookです。
Beatrx Potterの絵本もデジタルで公開されいるので、ぜひイラストを見ながら聴いてくださいね!
このAudioBookの感想はこちらを


eruma.jpg
Migi.jpgエルマーの冒険

この心躍る冒険物語を、LibriVoxに読んでくれているのは、9歳の少年です。わくわくと楽しいですよ!
このAudioBookの感想はこちらを





2010年9月

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corianderuk.blog80.fc2.com/tb.php/219-eb7542cc

名前:
メール:
件名:
本文:

Dill

Author:Dill
イギリスのロンドン郊外に住んでいます。 
本は大好き。読む本がなくなると落ち着きません。
とうとうまわりに日本語の新しい本がなくなってしまったので、英語の本を楽しみたいと思っています。

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。