英語で本三昧

英語の朗読を聴いて楽しんでいます。 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久し振りです。

2月の上旬から、3ヶ月ついついご無沙汰してしまいました。

コメントをくださった方にも、返事しなくてごめんなさい!

 

この3ヶ月、なんとなく考え事をしてました(笑)。

子どももすっかり大きくなったし、あと10年ぐらい

何をしていこうかな、っと。

Aspara3.jpg

ちょうど、子どもたちの意思をくんで、

あと4年ぐらい、イギリスに住むことを考えてみよう、と

家族として、一応の覚悟をしたところです。

じゃあ、私は何をするの?ってワケです。



まだ、考え事の途中ではありますが、

春もたけなわ、アスパラガスが芽を出したと知らせが届き、

アスパラ摘みに行ったら、

イギリスの初夏の風物を、ブログに書きたくなりました。

country.jpg


ちょうど、図書館からも、リクエストを出していたAudioBookが、

順番がまわってきたと連絡があり、

聞きたかったAudioBookを8セット、60枚以上も

借りてきました。

久し振りに、iPodにAudioBookを聞いていたら、

またまた、ブログに感想を書きたくなりました。

そこで、久しぶりに記事を書いてます・・・



それにしても、イギリスのアスパラガス、美味です!

畑ににょきにょきはえていて、

太いのを探して、

根元からポキッと折るのが楽しくて、やめられない。

あっという間に、袋がいっぱいになります。

ひろびろした畑がきもちいい!

Asparagas2.jpg

Christmas-Tree.jpg
となりではクリスマスツリーの樹を育ててました




畑で取った重さを量ってもらって、支払います。

一キロが800円ぐらいかな。

スーパーの半値ぐらいで、安くて大満足。


articho.jpg
ベビーアーティチョークもかわいくて買いました。
whiteAspara.jpg
大陸からやってきた白アスパラも。遠くからやってきた分、摘み立ての青アスパラに比べ味はいまいちでした。




家でさっそく、ちょっと固めにゆでて

海から取った自然の塩をつけて食べると、

こりっと甘くて、ウマイ!

毎年この季節をまって、いそいそと出かけるのですが、

イギリスは自然のままの農作物が、いいんです。



こういう農場を、Pick Your Own, PYOとよぶのですが、

いちご、ラズベリー、林檎、プラム、と季節のフルーツはもちろん、

アスパラ、ズッキーニ、トマト、とうもろこし、などの野菜や、

花も摘めるのです。

作物のにおいをいっぱいかぎながら、収穫できるのが

もうたまらなく楽しいです。

country2.jpg
畑のうらは、自然のままの林でした。


そんなわけで、イギリスで元気に暮らしてます。

またぼちぼちブログを書きますので、

どうぞよろしく

コメント

おはようございます

お久しぶりです!お元気そうで良かった~。
またイギリス便り、本のご紹介など楽しみにしていますねぇ!

おじゃまします。

リチャード・アダムスの“tales from watership dowm” を読み始めた折り、ウサギたちの名前と草花の対応検索途上、こちらのサイトにたどり着きました。

四半世紀前に文庫で読んだ前作の“watership dowm”を参考にしようにも今は手許に洋書しかなく、辞書を引きつつ1年がかりで19章中14章まで読み進めてきました。

>あと4年ぐらい、イギリスに住むこと…
>イギリスの初夏の風物…

いましばらくご滞在の上、季節ごとの風物を折々アップしていただければ幸いかとw

*タイトル誤記等、修正しました*

よかった~

いつか戻って来てくれるの、待ってました。嬉しかったです。私も、好きな本を読み、聞きつつ、、、毎日を過ごしています。元気でなによりです。

お久しぶりです

Dillさん、お元気そうで良かったです。

何かの節目でお忙しいのだろうなと思っておりました。

Audio Bookを読み進めるDillさんのブログに進展がないと私も何ともさびしく、「Dillさん、早く帰ってきて~」と思っていました。

日本はとても寒い日が続いたかと思うと、30℃を超える暑さの日があったりして、心地よい春の季節がないまま初夏に突入してしまいました。

またこちらにお邪魔する楽しみが復活してうれしいです。

Re: おはようございます

PBさん、おひさしぶりです。
さっそくコメントをくださってありがとうございます!
なんだか、日がたつのが早くて。。。笑 

Watership Down!

はじめまして、こんにちは。

Waterhsip Downいいですよね!
私もウサギの名前のSpeadwellという小さい蒼い星のような花草は、
この時期どこでも見かけるので、もうしょっちゅうWatership Downを思い出してます。
早朝や夕べに、幸運にも草っぱらをウサギの群れがつっと走るのを見かけると
Watership Downに出会ったみたいで、感動したり。

ずいぶん昔からテープの短縮版の朗読をもっているのですが、
今年完全版が出たみたいですね。。。買ってしまいそうです。

Re: よかった~

待ってくださってありがとうございます! 
すごくうれしいです。

元気です。
このごろまた好きな本の朗読を聴き始めました。
また、どうぞよろしく。

Re: お久しぶりです

sunsetさん、お久しぶりです!
コメントうれしかったです。

例の、図書館にリクエストしたナルニアが全巻、先月に届きました。
聞きましたよ~最後まで。 本は全巻ずっともっていたのですが、
全部は読んでなかったので、いろいろと思いました。
そして、sunsetさんに感想を報告したいなぁ、と思ったりしてました。

またどうぞよろしく。

Dillさん、こんにちは!

Dillさん、こんにちは。もつこです。

とってもお久しぶりです。ほんとよかったー!!ご無事で。
みなさんと同様に、ちょっと心配になってました。
うれしいです。

アスパラガスの画像もいいですね!
先日、近所に自然が残っている場所があって、そこで地元の子ども会のイベントとして企画した
たけのこ堀りにいってきたのですが(今年は役員を引き受けたのです)
なんだか、それにちょっと似てます!

かたい地面をつきやぶってにょきにょきはえてくるアスパラガスと竹の子。
春の息吹ですね。
大きなのを掘って、さっそくゆでて竹の子ご飯にしたらとってもおいしかったです!

Dillさんのお勧めがない間、何を聞こうかなと思って、LibreVoxから自分で選んだのは
Uncle Tom's Cabinでした。
章によって内容が分かりにくいところがありながらもなんとか最後まで聞きましたが、
特に後半、あまりに哀しい場面が多く、じっくり聞いていると
精神的にdepressedになってしまいました。
(理解度が低かったのでもう1度全部聞こうとおもったのですが、途中でやめました)
でも小説よりも現実はもっともっとひどいことがあったのでしょうね。。。。
アメリカの暗い歴史の一部を思い知りました。。。。

あ、ちょっと暗くなってしまいましたが、これであらためて思ったのは
やっぱり耳で聞くのは明るい話のほうがいいな!と。
で、今はSense and Sensibilityを聞いてますが、これまた理解度が・・・・(笑)。
まあ、これは何度きいても気分が落ち込むことはないので安心してゆっくり聞きなおしつつ
最後までいってみようかと思います!

それではまたの本のご紹介楽しみにしています。

お帰りなさい

Dillさん、こんにちは。
お元気そうで何よりです。
ブログも負担にならないようボチボチとね・・。また、楽しみにしています。

Re: Dillさん、こんにちは!

もつこさん、こんにちは。
心配かけてしまってごめんなさい!

たけのこ堀もいいなぁ、春の味ですよね。
春の竹の葉の緑と竹の葉をぬけて差し込む日光なんて、なつかしい。
こちらでは缶詰しか見かけないので、さびしいです。

Uncle Tom's Cabin、私もダウンロードはしたけど、まだ聞いてませんでした。
確かに、暗くて悲しい話しですよね。
Dipressしてしまうのも、想像つきます。
今ベストセラーで、本屋でよくみかけるThe Helpも同じようなテーマらしく
(白人の子どもを育てる、黒人メイドの話しだそうです)、
裏表紙のコメントがなかなか、おもしろそう。
Audibleで買って聞いてみようかなぁ、と思っていました。

私は、もう一回、Charles Dickensにチャレンジしようかぁ、と思い始めてます。
難しいだろうけど、子どもたちが学校の英語でやっているので刺激されて、
Oliverあたりだったら、なんとかいけるかぁ、と。

また、のんびりとブログを書きますので、どうぞよろしく。


Re: お帰りなさい

エコーさん、
おひさしぶりです。
なんだか、ご心配かけてしまいました。
元気です!
ばたばたしていて、どうもスローな気分なのですが(笑)。

また、ぼちぼち書きますので、どうぞよろしく。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corianderuk.blog80.fc2.com/tb.php/206-139ca9fa

名前:
メール:
件名:
本文:

Dill

Author:Dill
イギリスのロンドン郊外に住んでいます。 
本は大好き。読む本がなくなると落ち着きません。
とうとうまわりに日本語の新しい本がなくなってしまったので、英語の本を楽しみたいと思っています。

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。