英語で本三昧

英語の朗読を聴いて楽しんでいます。 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ずい分以前に、イギリスの昔話を寝物語に子どもに読んでいた時期があります。 有名な三匹の子豚、ジャックと豆の木、三匹の熊など、Joseph Jacobsの収集したもので、石井桃子さんの翻訳でした。その英語の朗読LibriVoxで無料で聴けるのをみつけ、いくつか聴いて楽しみました。


LibriVoxは著作権の切れた作品をインターネット上で無料で公開しているアメリカのサイトですが、久しぶりにチェックしたら、新しい作品がずい分と増えていて、リストを見るだけで浮き浮きしました。特にListenにならんでいる英語の朗読のカタログが充実しています。


不思議な国のアリスハイジ幸福の王子The Wind in The Willows、と子どもの頃わくわく読んだ本や、Jane AustinCharles Dickensなど、大人の本もあります。(大人の本の方が多いです!でも私の知っているのは子どもの本が多いので。。)イソップ物語も長々とありますし、Beatrix Potterの絵本の朗読もすべてそろっています。


リストの項目を右クリックして簡単にダウンロードできます。 簡単すぎて、欲張ってダウンロードしてしまいそう。長い物語も、章ごとにわけてリストになっているので、好きなところだけ聞けて便利です。 


私は中学から高校にかけて、村岡花子さんが翻訳した赤毛のアンシリーズが好きで何度も読んだのですが、Lucy Montgomeryの作品もLibriVoxにならんでいます。 今でも印象に残っている場面がいくつもあるのですが、その中から、Rilla of Inglesideの中で、兄のWalterが亡くなったあとに送られてきた手紙を読む章も聴いてみました。 



当時は日本語で読んだのですが、今英語で聞いてみて、昔のアルバムを開くような懐かしさを感じました。



このサイトの朗読はボランティアだそうですが、聞きやすい朗読が多いと感じました。ちょっと私には早すぎる朗読もありましたが、無料なので気軽ですよね。


もしお気に入りの作品がリストにならんでいたら、ちょっと聴いてごらんになりませんか?

コメント

聞きたいです♪

おはようございます♪
びっちゃんです(*^_^*)
先日は、イギリスと京都の共通点を有り難うございました♪
Dillさんのおっしゃること、ずばりです!
そう、不便なこと、遠回しなこと、何かを得るには犠牲にせざるおえない部分そのものが書かれていて、私の中で、ますます憧れが強くなりました♪
それらの点を肌で感じておいでのDillさんって???、不思議な気分です(笑)

ところで、このLibriVoxって、いいですね♪
私は音にはまだ興味が薄くて、と、いうより何から始めれば良いか未だにわからないのです(笑)

多聴多読マガジンに朗読CDがついているので、これを元にシャドーイングしているか、VOAのゆっくりの放送を聞いているかどちらかです(笑)

すごく苦手なんですよ、ヒヤリング…
(英語で自慢できること、なにもないのですが…)

だから、何回も聞いたりシャドウイングするということもだいじなんですが、聞いた後、スクリプトを読み、音と文字を一致させる確認をしたいというのが、一番の要望でした。
そして、もう一つ、英語圏の人間でないが故に、英語圏のお母さんが3歳くらいの子供に読み聞かせするスピードを探していました。
いったい、どの程度が子供に読み聞かせるナチュラルスピードなのか、そのスピードから「子供のように聞いてゆきたいなぁ」と思っていたの(笑)
しかも、物語を…

これってすごく贅沢な要望だったみたいで、OHIO大学さんのサイトのPotterさんが、この2点を満たして良い感じでした(文章は難しいけど)。
でもそれ以来、スクリプトと音声、しかも子供への読みきかせというものに巡り会っていませんでした(>_<)
また、3歳であれ、8歳であれ、ネイティブのスピードは変わりないということを、その後、しりました(笑)

ところで今、cat and the mouseを聞きました♪
良い感じです(*^_^*)
スクリプトもついている、聞く気にも、読む気にもなります♪
こんなにたくさん、しかも1話毎に区切ってあると、とっても嬉しいです。
Dillさん、教えて頂いて有り難うございました(*^_^*)

ぴっちゃんさん、

私も英語のリスニングって、難しくて悩みが多いのですが、よろえしければ私の経験談を聞いてください。

私は、リスニングは、英語の、波のように上下するリズムに乗って聞けるようになると、ちょっと上達するように思います。それを「子ども式」でやろうとすると、詩や歌じゃないかとずっと思っています。 イギリスの小学校では、英語のリズムを身につけるために、詩をたくさん声を出して読んだり、暗誦したりします。一時夢中になったのですが、子どものための詩って、すっごく面白いです。
「これ見て、見て」と気軽に手元の本を見せられないのは残念ですが、こんなサイトがあるので、時間のあるときに、のんびり覗いてみてはいかがですか? http://www.fizzyfunnyfuzzy.com/audio.php
6つの詩が朗読と英文両方ならんでいます。 お勧めは 分かりやすくておかしいから、I'm Late For School 。 I Dreamed a Dreamもいいと思いました。子どもの日常語が出てくるので、聴いたことの無い単語がけっこうあると思いますが。。。多読式に無視してしまって。
http://www.kristinegeorge.com/poetry_aloud.html
これは詩の絵本を書いている作家のサイトで、英文はなくて残念。でもLittle Dog and Duncanはとても短い詩が数編。 Bookもけっこういいけど、ちょっと朗読が早い。

これが一番お勧めの詩というわけではなく、たまたま目についた無料で試し聴きができるサイトです。 多分、日本にもたくさんのいい本が紹介されていると思います。シャドーイングする時に、たまには詩を使ってリズムを意識するのもいいように感じます。

ぴっちゃんさんは、絵本はもうたくさん読んでいらっしゃるので、お気に入りの絵本の朗読を手に入れるのもいいと思うのですが。。。CDって値段が高くて、気が重いですよね。

朗読いいですよね

私もこのサイトの存在を知って以来、リストを眺めてはワクワクしています。
子供の頃日本語で親しんだお話を英語で楽しめるようになっている事実に純粋な喜びを感じます。
赤毛のアンがふと懐かしくなって、のんびり聞き読みを始めたところです。あとPride and Prejudiceも少しずつ読み聞き進んでいます。名作はやっぱり気になりますよね。
私も10代の頃、花岡さんの翻訳全部読みましたよ~。






聴いてみました

私もHazelさんと同じ、pride and prejudiceをダウンロードして、聴いてみました。

この本は買い置きしてあるのですが、まだ読んでいないのでmp3プレーヤーにコピーして聴こうと思っています。分からないところは本を読んでチェックしながら聴いてみます。

こんな素晴らしいサイトが有ったのですね。
とっても良い情報をありがとうございました。

ありがとうございました♪

びっちゃんです♪
Dillさん、こんなに気持のこもったお話しを有り難うございます(*^_^*)
朗読のページ、早速、一つずつ聞いています♪

ところで赤毛のアン、GRで読んだときは英語で読んでいることに感動したのですが、語数制限があったため、アンの気短なところが強調されている気がして…残念でした。
いつか、1巻だけでも良いので原作で読んでみたいなぁと思っています(*^_^*)
ほんとは全巻読んで、子供心に帰りたい気分なのですが手堅い目標を(笑)

私もHazelさんやリウマチばあちゃんさんのように本の朗読を楽しめたら楽しいだろうなぁと思い始めてきました。
貴重な体験まで教えて頂き感謝しております。
有り難うございました(*^_^*)

Hazelさん、
私もAnneを聞きなおすという誘惑を感じているのですが、他にも読みたい本があって迷ってます。英語で読むとどうしても時間がよけいにかかるので、今はイギリスの本に集中するのもいいなと思っているところです。
Hazelさんは、カナダにお住まいだから、Anneを聞きなおせば、まわりの風景と重なって感慨もひとしおでしょうね。
Pride and Prejudiceは私も気になっているのですが、この道に進むと、また読みたい本がいっぱい出てきそうで、まだ手にとっていません。でもみなさんが読まれているのなら、読もうかな。。。子ども向けの本では、Beatrix Potter以来、ちょっとビクトリア時代のを舞台にした本を探して読んでみようかな、と思っているところです。

リウマチばあちゃんさん、

Hazelさんにも書いたとおり、私もPride and Prejudiceを読みたいと思いつつ、まだ手にとっていませんが、読んでみたい気分になっています(笑)
それにしても、アメリカってすごいなぁと、感心してしまいます。こういうプロジェクトを生んで、育てるたくましい力は、さすがですね。 ここ数日、思いついてイギリスの本のブログを探そうとしていたのですが、いいのはほとんど例外なくアメリカでした。  

Dillさん、はじめまして♪

ブログ、拝見させて頂きました♪
イギリスに住んでいらっしゃるなんて、ステキですね(*´∀`*)
英語がわかるようになりたいと思い、洋書読書を始めたばかりなのですが、とても楽しんでいます。
オーディオブックなどはまだ聴いたことがなかったのですが、Dillさんの記事を拝見して聴いてみたくなり、いくつかダウンロードして聴いてみました。
速くて聴き取れないところもありますが、テキストを見ながら聴いています。
MP3プレーヤーで通勤中などにも聴いています♪
無料で楽しめるステキなサイトを教えて頂きまして、ありがとうございました。
また遊びに来させて頂きます♪

楽しいですよね

はじめまして、YOKKOさん。
京都にいらしたのですね。うらやましいなぁ。

私はごくごく最近Blogをはじめたのですが、多読をやってらっしゃる方がたくさんでびっくり。あちらこちらのBlogを楽しく読ませていただいています。
こうやって、全く知らない方とお話しするのがまだ珍しくて、インターネットってすごいなぁ、と素直に感動しています(笑)。
これからもどうぞよろしく。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corianderuk.blog80.fc2.com/tb.php/20-4a1e1224

オーディオ・ブックを無料で

先日Dillさんのブログ(こちら)で無料オーディオ・ブックのサイトが紹介されていました。

子供になるの、忘れてた(笑)

最近、音について話題が豊富なので、興味深くあちこちに遊びに行きました。音については、皆さんblogでとてもわかりやすくまとめて下さっていて。そろそろ、私も備忘プラス反省をしなければと思い、今、メモっていま

名前:
メール:
件名:
本文:

Dill

Author:Dill
イギリスのロンドン郊外に住んでいます。 
本は大好き。読む本がなくなると落ち着きません。
とうとうまわりに日本語の新しい本がなくなってしまったので、英語の本を楽しみたいと思っています。

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。