英語で本三昧

英語の朗読を聴いて楽しんでいます。 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日感想をまとめた、Kazuo IshiguroNever let me goは、厳密に言うと読んだわけではなく、英語での朗読を聞きながら英語の活字を追いました。 そして朗読を聞いたことで、この本の世界をより深く、立体的に感じることが出来たような気がします。


 




そもそも、私は洋書を読むのが苦手で仕方がありません。 せっかちな性格のせいでしょう、もともと日本語でも早読みなので、英語で読んでいると、ストーリーが頭に入るゆっくりさ加減にいらいらしてしまうことが少なくありません。そして、分からない単語が増えてくると、ストーリーがよくわからなくなり、なおさら集中できなくなってしまいます。 


 


なんとなく、せっかく散歩に出かけたのに、一歩ごとにつっかかる靴を履いて、曇ってよく見えないめがねをかけてきてしまったような気分・・・・まわりの風景を楽しめない。


 


英語を読むとき、大雑把にわけると、Reading for pleasure (楽しみのために読む)と、 Reading for information (情報収集のために読む)があると思いますが、私は情報収集のために英語で読むこと、新聞や雑誌はまだなんとかなるのですが、楽しみのために英語で小説を読むことに、学生時代の昔からずっと挫折し続けてきました。だから、私のつい最近までの英語の読書は、旅行案内とか、料理の本とか、楽しい実用書ばっかりでした。でも最近、日本語の楽しい小説がほとんど私のまわりになくなってしまって、英語で読まないと本を楽しめない!という環境になってきました。それに、ずっと読めるようになりたかった英語の小説、今読まなかったら、一生読めないぞ、と思ったわけです。


 


そして、図書館で体を斜めに傾げながら、背表紙の英語のタイトルを読んでいたら(背表紙の英語を読むのからして、どうしても目を横にして読みたくなり、首が痛いです)大きな本箱にぎっしりAudio Booksが詰まっているのに改めて気づいたのです。 そうだ、朗読を聞きながら本を読めば挫折しないんじゃないかしら、と思いつきました。


 


Never let me goについて言えば、英語の朗読を聞いたおかげで、ほとんど初めて苦痛を感じずに英語の小説の世界に浸れました。


 


このBBC Audiobooksで朗読しているのはEmilia Foxというイギリスの女優で、朗読する声は深いけど、透明感があります。Silent WitnessというBBCの人気犯罪ドラマの主人公の一人で、気が強くて、美しくて、クールな病理学者(犯罪の犠牲者を医学的に検視する専門家)を演じています。


 


彼女のイギリス英語で聞くと、この小説の世界が、立体的に頭の中にわきあがってくるような印象がありました。 この世界の匂いがしてくる、という感じです。 Halishamという聞きなれない学校の名前が繰り返されるうちに耳に残り、イギリスのどこかの森の奥にあるはずの学校が存在感をもってきます。


 


オリジナルの小説を省略なしで朗読しているので、CDで10枚、全10時間19分です。 長いようですが、この朗読とともに本を追っていけば、必ず10時間強で読み終わるわけで、洋書が苦手な私には、思いがけないほど素晴らしい味方でした。


 


ところで、今回この文章を書くためにしらべて分かったのですが、アメリカのAmazon.com  Audible.comというシステムがあって、ダウンロードでこの朗読が手に入るんですね。 年会費の$9.95を払うと、この朗読が無料でダウンロードできるそうです。知らなかったけど、とてもいいシステムかもしれません。 ちょっと、これから研究していきたいと思います。また結果をご報告しますね。


 


長くなってしまいましたが、このCDの次に、同じKazuo IshiguroWhen we were orphans Audio Bookと本を借りてきました。 この本も読み聞き終わったら、感想をご報告します。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corianderuk.blog80.fc2.com/tb.php/2-0efef193

名前:
メール:
件名:
本文:

Dill

Author:Dill
イギリスのロンドン郊外に住んでいます。 
本は大好き。読む本がなくなると落ち着きません。
とうとうまわりに日本語の新しい本がなくなってしまったので、英語の本を楽しみたいと思っています。

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。