英語で本三昧

英語の朗読を聴いて楽しんでいます。 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月の末にスコットランドのエジンバラで1週間ほどすごしました。
子どもの用事のお供で、ずっと街にいたので、あっちこっち歩きました。
スコットランドでブログを書いていらっしゃるmichiさんが薦めてくださった
子どもの本屋さんに行ったら、スコットランドを舞台にした絵本がいっぱい並んでいて、
その中に、懐かしい絵本を見つけました。


KMcover5.jpg



スコットランドの小さい島に住む少女、Katie Moragの物語絵本です。
もう6-7年前、娘がKatieと同じ年頃の頃、
こんな暮らし素敵だなぁって、私の方があこがれて娘に読んでいました。
最近本屋さんでもみかけず、すっかり忘れていました。

Katieはスコットランドの小さい島に住んでいて、
小さな村で、自然に囲まれてくらしています。


KMisland2.jpg



島の生活には、昔から引き継がれてきた手仕事があふれていて、
Katieの部屋は、こんな感じです。


KMroom1.jpg



島の村は花がいっぱいの庭がたくさんあるけれど、
海が好きなKatieは、自分だけの庭を作っています!
Katie Morag, quite contrary・・・って口づさみながら。


KMgarden.jpg

季節ごとに、自然のものを使って、いろいろ作ります。
落ち葉を貼ったランプシェードのアイディアはまねして、うちでも何度か作りました。 
落ち葉の赤や黄色を通した光が、部屋に映って素敵です。


KMAutum.jpg



Katieのシリーズ絵本はたくさんあるのですが、
これは最初の頃の本で、一冊の中に4つの物語が入ってます。
田舎のごくふつうの生活が、淡々と、でも魅力的に描かれていて、
段々とKatieと仲良くなっていきます



KMgarden2.jpg

ブログで書きたくて、このシリーズ絵本を図書館から借りようとしたら、
この街の図書館では、ほとんどの絵本が、紛失していました。
人気があるので、たくさんの子どもに読まれて、無くなってしまったのかな。

少し古くなって、イギリスでも前ほどは人気がないような気がするけれど、
改めて手にとって、暖かくてやわらかい自然の中の生活に、もう一度魅せられました。
このシリーズが、忘れさられずに、読み継がれていって欲しいな、と思います。



同じ本屋さんで、もうひとつ目について、
もうちょっとで買ってしまいそうになった本がこれです。
手芸で作った絵本って、なんだか好きでついつい手元においておきたくなります。
イタリアの女性絵本作家で、アメリカで出版されたみたいです。

bugs.jpg


エジンバラのMeadowの森を抜けた一角にあるしゃれた道の、子どもの本の本屋さんです
まわりには、かわいい小物屋さんや、ケーキ屋さん、カフェがならんで楽しかったです。
インターネットの本屋さんも便利だけど、品揃えのいい本屋さんはやっぱりいいなぁ。

コメント

 可愛らしい絵本ですね。そしてやはりマザーグースがさりげなく入っているんですね!文化だなぁ・・・て思いますね。それにしてもこの児童書店可愛いですね。日本ではずいぶんこういった書店がなくなり寂しい限りです。こんなお店持ちたい!永遠の憧れかもしれません。
 イギリスではこうした児童書の専門店がまだまだあるのですか?ドイツへ行った時にも小さな町で見かけました。アメリカでは大型店に圧されてなくなっていたように思います。イギリス児童書店めぐりツアーなんて楽しそう!

PBさん、

この絵本、Pussy Catのマザーグースも入ってるんです、本当にマザーグースはあっちこっちです!

イギリスでも大手チェーン以外の本屋は、本当に少なくなりました。 この国の本は再販制度がないので、ディスカウントされることが多いだけ、独立系の本屋さんには厳しいのだと思います。 
アマゾンで割引で手に入ると思うと、定価購入はついついためらっちゃいますよね。
私も、この本やさんが素敵で、応援したいなと思ったけど、旅先ということもあって、買いませんでした。

イギリスに児童書店が多いかどうか自信がないのですが、児童文学の舞台や故郷をたづねるツアーなら、きっと面白いですよ!! 南から、ジャングルブックの作者の家、ファージョン、くまのプーさん、と考え始めると止まりません。 いつかごいっしょにそんな旅ができるといいですね!

この絵本素敵!&Jane Eyre聴き終わりました!

こんにちは、Dillさん。もつこです。

この絵本のご紹介ありがとうございます!
昔の本なんですね。とっても味があるイラストで素敵なので見てみたいから図書館で探してみました。
横浜には翻訳本が1冊だけだったのですが、都内には数冊あるようなので、相互貸借で借りてみようと思います!

それとJane Eyreを先日やーっと聴き終わりました!
ほとんど通勤中の往復だけの時間で聴いた(しかも歩いている途中がほとんど。電車の中では別の本を読んでまーす)ので、1ヶ月以上かかったけど(あ、そうそう、途中ドリトル先生が入ったりもしたんでした。)自分の目で活字を追って18万語を読むことを思えば、やはり上手な朗読で聴き読みできて本当にラッキーです。わからないところは何度も聞きなおしができるし。

自分でもこんな古典の名作が聴き読みできるか心配だったのですが、無事聞き終えることができてよかったです!
JaneとRochester氏のやりとり、ユーモアのあるところ、ちょっと、お互い攻撃的なところ、嫉妬するところ、そして愛をかたるところ、、、。二人の深い愛情が伝わってくるシーンの数々がいちばん好きで
心に残りました。

2000万語の報告をSSSとこども式の掲示板にすることもできました。
Dillさんのおかげで、記念になる本を選べたので、本当にありがとうございます!

Jane Eyreが終わってしまったので、今はドリトル先生の続編を聞き始めました。
新しい登場人物Tom少年もくわわって、今2章で、ちょうど新しい冒険の旅に出発するところです。
この先楽しみです。

それではまた!

Re: この絵本素敵!&Jane Eyre聴き終わりました!

もつこさん、こんにちは! 
Jane Eyre終わったのですね! 
私も多分、活字だけじゃ続かなかったな、と思ったものでした。 エリザベスさんはとても上手な朗読で、私も幸福に楽しめました。 このごろ思うのですが、昔は本はみんなで朗読を楽しんだのだから、朗読って、古典にぴったりの楽しみ方かもしれませんね。

SSSと多読ORGの掲示板も読ませていただきました!もつこさんが読まれた本のご紹介も興味深深でした。 いろんなジャンルの本を、いろいろな方と情報交換されていて、すごいなぁ。
私は、コージーミステリーが好きなので、Chocolate Mysteryに惹かれたのですが、私の街の図書館になくて残念! No1 Ladies Detective Agencyシリーズもほぼ聞き終わったので、次のコージーミステリーを探したい気分です。 

ライミング企画といのも面白そう! ライムって楽しくていいですよねぇ~。

Big Toeはついついききのがしてしまうのですが、Jacqualine Wilsonもまだまだ聴いていないのがあって、聴きたいです。

これからも、いろいろ楽しい本を教えてくださいね。

こちらこそ!

Dillさん、お返事ありがとうございます!

掲示板のほうも読んでいただけてありがとうございます。とてもうれしいです。

いつも思うのですが、こうして掲示板やオフ会など多読仲間からのいろんな刺激をもらって、自分では選ばないような本を読んだり聴いたりできるのは本当に幸せです。
でも特に、Dillさんのブログから、LibriVoxで古典を聴く楽しみが増えたのがうれしいです!
お奨め本(音源)またぜひ教えてくださいね。

8月3日月曜からまたBBCでJWの本が始まるようですね!
The Lottie Projectは読んだことがないのですごく楽しみです。

ではまた。

もつこさん、

Big Toeのぞいてみました。
Lottie Projectのほかに、The Ruby in the Smokeもあるのですね。
前から読もうかなぁ、と思っていた本なので録音してみようと思います。

こちらこそ、いつも教えてくださってありがとうございます!

Black Beautyもおすすめです!

たびたびすみません。もつこです。

BBCですが、Black Beautyはお聴きになりましたか?
アップされるのが、こんどの日曜9日までなのでかなりあわただしいうえ、ファイルが分割されているふつうのタイプでなく、1時間分がまとまってRadio Playerで聴くタイプなので、聞き逃し部分の微妙なまき戻しができなくて私にはちょっと不便ですが、とてもいい話です。

邦訳は「黒馬物語」というそうです。
馬の立場で、幸せな仔馬時代からその後のつらい生活を経て最後の余生まで、という話だそうです。
まだ半分しか聴いていないですが、とても聞きやすいのでよろしかったらこちらもどうぞー!

8月の本も、怪談とはまたまた季節にぴったりの本を選んでくださいましたね!
今きいているドリトル先生の続編 Voyages of Doctor Dolittle がおわったら聴きます!

それではまたー。

Re: Black Beautyもおすすめです!

もつこさん、

Black Beauty, 教えてくださってありがとうございます。
さっそく録音したので、今度ゆっくり聞いてみますね。

この物語はLibriVoxにも完全版で登録されていて、気になっていたんです。
もしBBCが気に入ったら、LibriVoxも聴いてみようかな。

怪談は、ろくろっ首とか、むじなとか、他の話しもいつか誰か読んでくれるといいなぁ、
と思うほど、英語で聴くのは不思議で面白い感覚でした。

もつこさんの幅広いレパートリーに、いつも興味を掻き立てられています!

8月に入って、暑さはますます厳しいでしょうが、どうぞお元気で、Happy Reading。
イギリスはそろそろ秋の気配がただよって、夏の終わりのさびしい感じです。

きれいな絵本ですね

スコットランドの魅力にとりつかれています。本当にきれいな絵本ですね。いわさきちひろさんの水彩画を思い出しました。こんな絵本を通して、スコットランドの文化に触れてみるのも楽しいなと思いました。心もほっとするようです。amazonでも購入できるようなので、さっそくほしい物リストに追加しました。(^-^)/ ブログでご紹介ありがとうございました。

Re: きれいな絵本ですね

こんにちは、コメントありがとうございます。

スコットランドは、素敵ですねよね!
わたしは去年、1週間、娘の用事につきあってエジンバラで泊まって、
惚れ込んじゃいました!
あの古さと新しさの混じった、自然とモダン建築がとなりあわせの街って、
素敵ですよね。
この絵本のような田舎の島にも行ってみたいです!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corianderuk.blog80.fc2.com/tb.php/174-4bb10645

名前:
メール:
件名:
本文:

Dill

Author:Dill
イギリスのロンドン郊外に住んでいます。 
本は大好き。読む本がなくなると落ち着きません。
とうとうまわりに日本語の新しい本がなくなってしまったので、英語の本を楽しみたいと思っています。

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。