英語で本三昧

英語の朗読を聴いて楽しんでいます。 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このごろイギリスの古い家に関する本を続けて何冊か読んでいるのですが、
イギリスの古い建物を、自分の家のように味わってもらいたいと、
ホリデーのために貸し出すチャリティがあることを知りました。 


LMT11.jpg  
Swarkestone Pavilion @The Landmark Trust




後世に残していきたいような味わいのある建物を、買い取り、修繕改造して、
ホリデーハウスとして貸し出しているThe Landmark Trustは、
その貸し出し収入で運営されているそうです。


LMT12.jpg
Swarkestone Pavilionの中




ため息がでるほど素敵な建物がぞくぞくあります。
このごろ、将来は建築家になりたいと言っている息子と、
すごい、すごいと唸りながら、ホームページに登録された建物を見ました。



2人しか泊まれない田舎の井戸の家なんて、ハネムーンにいいなぁ、
(息子のハネムーン先に口を出すなんて変な親!!)


LMT1.jpg  
St Winifred's Well @The Landmark Trust

LMT2.jpg




いや、こんな絶壁の方が、ロマンチック
(余計なお世話だけど・・・)、


LMT7.jpg  
Kingswear Castle @The Landmark Trust

LMT8.jpg



16人も泊まれるこの館には、結婚式にでも、友達や家族と泊まりたいなぁ、
(ママとパパも招いてね!)


LMT3.jpg
Gargunnock House@The Landmark Trust


LMT4.jpg




この家も形が面白い・・・・パイナップルだって。


LMT13.jpg 
The Pineapple @The Landmark Trust


写真だけではなく、建物の平面図も出ているし、それぞれに面白い歴史があります。
お城、地主の館、城砦、水車小屋、門番の家、学校、病院・・・・
180件もあるという建物を見ていくだけで、すっかり楽しめました。

イギリスでは古い家や建物がたくさん残されていて、うっとりさせられますが、
その影で、建物を残すために、地味な活動をしている団体がたくさんあります。
その中でも、古い建物を保存するために、さわっちゃいけない博物館にしてしまうのではなく、
泊まらせて、楽しんでもらって、維持費を稼ごう、っていう大胆な発想がいいですよね!



私も、あと10年後の銀婚式には、こんなところを借りて、家族みんなでイギリスに再集合したいなぁ・・・なんて夢みたいに思いました。 
その時は孫がいるのかな??


LMT5.jpg  
Gothic Temple @The Landmark Trust

LMT6.jpg



この建物全部、予約すれば誰でも借りられるんです!
値段は建物ごとに違って、だいたい一流ホテルに泊まるのと同じぐらいかな。
安くはないけれど、この建物をひととき独占できると思えば、とてもリーズナブル。


イギリスでいつか大事な日を迎えたいな、って思っている方、
The Landmark Trustですごすのはいかがですか?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corianderuk.blog80.fc2.com/tb.php/173-e89d64e1

名前:
メール:
件名:
本文:

Dill

Author:Dill
イギリスのロンドン郊外に住んでいます。 
本は大好き。読む本がなくなると落ち着きません。
とうとうまわりに日本語の新しい本がなくなってしまったので、英語の本を楽しみたいと思っています。

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。