英語で本三昧

英語の朗読を聴いて楽しんでいます。 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おとなしくて、大人びた小さい少女Matildaと、
ひっそりと可憐な若い先生のMiss Haneyが、
理不尽な大人たちに立ち向かう、爽快な物語です。

matilida.jpg





Roald Dahlはイギリスの子どもの本では古典入りしつつある、
愉快で楽しい作家で、イギリスの小学校に通っていたら、
小学校の3年ぐらいから卒業までに、必ず一冊は読むと思います。
映画にもなって有名な「チャーリーとチョコレート工場」をはじめ、
ちょっとずつ毛色の違う物語がそろい、とりどりに人気があります。

私も気に入って一通り読んだのは、もう7-8年前かな。
娘が学校から借りてきたのをいっしょに読みました。
面白かったとは思ったけど、それっきり忘れてました。

今回は、6時間のAudio Bookで聴いたのですが、
Matildaの淡々とした天才ぶりや、
時々挟み込まれる、ちょっと気になるあの一言、この一言が
さらさら、っと進む痛快な物語とあわせて、
楽しくて、あっという間に聴きました。


matilda2.jpg


毒のあることを、さらっとユーモアたっぷりに言いながら、
実はやっぱり毒がある(らしい・・・、真意はいつも不明)、
というのがイギリスユーモアだと思うのですが、この本はその精神を十分発揮してます。
細かい設定や、表現や、たとえが、イギリスらしさにあふれてます。
端正な英語の中に、ギャーギャーとした悪者が登場するから、
なおさら、おかしい。

この本を朗読しているのは、女優のJoely Richardson。

Joely-Rich.jpg

エレガントでさらっとした声で、端正な英語を読んでいて、
おかしいのに、エレガントな雰囲気のあるAudio Bookになってます。
私はこんな英語が一番あこがれだなぁ。 英語が素敵です。

コメント

ダールの中でもこの話は好きですし、ちょっとやるせない気持をもったり、マチルダを応援したくなったり・・・でした。アーディオブックを聞いてみたいです!

Re: PBさん

私も彼の作品の中では、これが一番好きです。
あまり大掛かりじゃなくて、ひっそりとしたお話しなところも好きです。
そして、このAudio Bookは私のイメージにぴったりでした。
ぜひ聴いてみてください・・・なのですが、わざわざ買うのもちょっとねぇ、
市販のAudio Bookをお勧めするのは難しいですねぇ・・・

Dillさん、こんにちは!
Audio Bookは高いので、気に入った物語だけを
買うようにしています。Dahlの物語の中では一番
好きなのがMatilda。映画はすでに見ているので、
どうしてもAudio Bookで聞いてみたかったのです。
普段はpodcastを利用していますが、聞きとれる幅
が少しずつ広がっていることを実感しています。
字幕なしで映画を見ることも少しずつしています。
まだまだ聞けるジャンルは狭いですが、もしもDill
さんのお勧めがあったら、教えて下さい!

雫さん、

こんにちは!
私も最近、偶然TVでMatildaの映画も見ました。 
なかなかきれいな映像で楽しかったです。
そうですよね、Audio Bookは高いですよね。
私はダウンロードのAudibleで買っていたのですが、
他に比べて安いとは言え、やっぱり高くつくので、
聴き始めて気に入らないと、ショックです(笑)

もしよければLibriVoxのHeidiはどうでしょう?
今まで聴いた中では、聴きやすさと、楽しさが程よくて
一番のお勧めのような気がします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corianderuk.blog80.fc2.com/tb.php/153-f0771ab0

名前:
メール:
件名:
本文:

Dill

Author:Dill
イギリスのロンドン郊外に住んでいます。 
本は大好き。読む本がなくなると落ち着きません。
とうとうまわりに日本語の新しい本がなくなってしまったので、英語の本を楽しみたいと思っています。

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。