英語で本三昧

英語の朗読を聴いて楽しんでいます。 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この秋から、おもいがけず近所の大学に通いはじめました。
この年で大学生とは、自分でもびっくり。
イギリスの若者に混じって、新鮮な気分なんですが・・・

maritime-campus2.jpg

コースは、Management of Language Learning、
言語習得学とでも言うのでしょうか、
外国語の習得や勉強方法を研究する学問だと思います。
15ヶ月の修士コースです。
どうも気恥ずかしく、静かに黙っていたのですが、
この勉強について思うことも、書いてみたいな、という気持ちになってきました。

この分野について、大学で勉強したことが全くないので、
まずは、専門用語の難しさに、頭がくらくらしてます。
生徒は10人ほど、年齢も国籍も違う人に会えて、
刺激はいっぱいですが、私はとんだおちこぼれ、
みなさんの意見を聞くばかりで、なかなか自分では貢献できないです。

テーマは自由に選べるので、今は、Listening Comprehensionをやってみたいなぁ、と思っています。文法嫌い、本もあんまり読まなくなってしまった、私らしい選択です(笑)。

「外国語のリスニングは頭の中でどう理解されていくか」、という仕組みについての勉強か、「どういう方法が外国語のリスニングの向上に効果的か」、とう教え方の勉強か、どっちの方向がおもしろいか、論文をぼちぼち読んで考えています。
これが難しくて、頭の中を文字が素通りしていく・・・大丈夫かなぁ、と不安です。

開始早々びっくりしたことが2つあります。

まず、世界中の学術的な論文が、インターネット上にデジタルで登録され、
自宅から、自分のPCで、自由に検索し、本文をダウンロードできること。

大学生になって、大学の図書館にオンランで初めてつながった日には、
世界中の論文にあっけなくアクセスできることに、ただただ、呆然でした。
つい先月発表された論文まで、簡単に検索・ダウンロードできて、すごい。
自宅のプリンタでカタコトと膨大な論文を印刷しながら、感心しました。
まあ、いくら簡単にダウンロードできても、読まなきゃ意味がないのは、図書館時代といっしょですけど(苦笑)。 簡単にたくさんダウンロードできるだけ、読むべき論文が増えて、かえって大変かもしれません。

もうひとつは、外国語の教え方の研究は、この10年ですごく進歩してるらしいこと。
先生の説明を聞いていると、私がおなじみの英語の教え方は、すでに学者の間では過去の遺物らしいのです。 先生に何度か教え方について質問したら、「そんな教え方は、もう学者の間では話題にもならない。。。」などと言われて、びっくりしました。
それじゃ、あたらしい方法は何なの?というところですが、先生の説明がどうも抽象的で、勉強不足の私にはまだ具体的なイメージがわいていません。こんなんで大丈夫なのか?

そんなわけで、このごろブログに使う時間がすごく少なくなっています。
でもブログの世界は私にとって大切なので、細々と続けたいと思っています。
特に、Audio Book Clubだけは楽しくやっていきたいです!

これからもどうぞよろしく!

コメント

こんばんは!

大学ご入学おめでとうございます~!!!
素敵な大学ですねー♪

「言語習得学」とは、現在習得を目指している身としてはとてもとても興味があります!

>外国語の教え方の研究は、この10年ですごく進歩してるらしいこと。
へぇー、そうなのですね。もっとも10年前の本流がどういうものだったのか知らないのですが。笑

>「外国語のリスニングは頭の中でどう理解されていくか」、という仕組みについての勉強か、「どういう方法が外国語のリスニングの向上に効果的か」、とう教え方の勉強か、どっちの方向がおもしろいか、論文をぼちぼち読んで考えています。

いつか考えがまとまった時にはぜひ教えてくださいね♪
考えがまとまらない時の書き散らしも歓迎です!笑

>生徒は10人ほど、年齢も国籍も違う人に会えて、
素敵ですねー♪いろいろな刺激を受けられているのですね♪♪♪
学生生活、大変だとも思いますが謳歌してくださいね!(^0^)ノ

P.S. 11月のAudio Book Clubを聴き始めたらはまってしまって、コンプリート本を注文したり、Audibleでもダウンロードしたり、あちこちサーフィンしたり、収拾がつかなくなっています。笑
想像の余地があるので、読み手によって雰囲気が変わるのでついつい欲張ってしまってます☆

これからも楽しみにしています♪
どうぞよろしくお願いします。(*^^*)

Dillさん、すてき!

Dillさん、すてきですね!
 また 建物も とってもとってもステキで
 すがすがしい気持ちになりました。

 Philip Pullmanさんが お好きなDillさんに
 言語学というのが しっくりきます^^

いつも イキイキとしていて ほんとに
 うれしいです、ご報告第2弾も お待ちしています♪

おめでとうございます!

Dillさん、
まず、素敵な選択に脱帽です。ますますたくさんの刺激を受けて、吸収してきて下さいね。ご報告を心から楽しみにしてます。お忙しい事とは思いますが、有意義なイギリス生活に拍車がかかりますね。お体ご自愛くださいね。

Dillさん
そうだったのですね!これから、課題の提出やゼミの準備などで大忙しだと思いますし、家庭と勉強の両立も大変かもしれませんが、ぜひぜひ頑張ってください!言語習得学なんて、Dillさんの関心にぴったりのコースですね!新しい言語習得方法がいろいろ研究されて、発表されているのでしょう。ぜひ、お時間のあるときにでも、その一部でも教えていただけると嬉しいです。どうぞ、お体にお気をつけて、クリスマス休暇までもうすこし!頑張ってくださいね。

皆さんがおっしゃっているように、素敵!ですね。
いろいろ大変なこともたくさんあると思うのですが、また様子を聞かせてくださいね。楽しみにしています。

イギリスで大学生、私もやってみたい!

Dillさん、こんにちは。
私のブログへの書き込みありがとうございました。
こちらへ来てみてびっくり、大学生になられたんですね。私も息子達が大学を卒業したら,また私が大学生やってみたい,なんて言ってたのですが、次男が大学院へ進むとか言い出して、まだ当分余裕がありません。早く子供達が自立してくれる事を夢見ています。でもその内,本当に年齢的に、いや頭の方が限界になりそうです。
昔の夢をもう一度と思っているのですが、実現する時が来るのでしょうか。

日本ではまだまだ,旧態依然とした指導法が主流のようですが、世界は語学の指導法が変わっているのでしょうね。いろんな国に効果的な外国語の指導法がきっと研究されて,効果を上げているかもしれないと思うと、もっともっと広い世界を知るべきだと思います。

また,いろいろ教えて下さいね。イギリスからの風、楽しみにしています。

遅ればせながらおめでとうございます。
お子さんがいらしても、自分の道を切り開いてゆく
Dillさん、ほんとうに素敵です。
私はいつ帰国するか解らない身なので、大学に行ってみたくても躊躇していましたが、、、。Dillさんの挑戦にちょっと背中を押された気がしました。

ママさん女子大生、頑張ってください!

素敵ですね♪
Dillさんのエネルギーにいい刺激をいただきました。
ありがとうございます^^
私も色々頑張ろうっと。
また大学のお話も楽しみにしていますね。

すばらしいです!

大学のご報告ありがとうございました!
すばらしいですね。私も学生時代には「学ぶ」幸せをあまり感じていませんでしたが、社会人になって大人になると、本当に自分が「学びたい」ことを学べる幸せって、あるんだなと思いました。イギリスでの学生生活はなかなか大変でしょうが、がんばってくださいね!
そうそう、こないだ多読の語数報告をしたときに、Dillさんに教えていただいた、LibriVoxのことにも触れさせていただきました。事後報告になってしまってすみませんが、たくさんの人に知ってもらって、つかってもらえるといいですよね!ではまたー。

おめでとうございます!

イギリスで大学生だなんて、凄いです!
子育ても家庭も学生も、頑張ってくださいね。
なんだか勇気を貰いました。
時々の近況報告楽しみにしています。

n.さん

アンと言い、ポターの絵本といい、好きな本が合いますね♪
n.さんが、ブログでいろんな英語の試みをされているのを読んで、
とても興味深く思っていました。
n.さんのポターの聴き方って、言葉を学ぶのにすごくいいみたいです。
子どもが好きな絵本を何度も読んでもらったり、自分で読んだりすることが
言葉の習得には、とても効果がある、というくだりに、論文で何度か出会いました。
このごろは、文法などはいくら説明しても、本当には身につかない、と考える研究がかなり評価が高いようです。
自分で英語を聴きながら、無意識に文法を頭の中で処理することを重ねて、
初めて文法が身につくのだとか・・・
実験で、これって、証明されているらしいです(まだその論文を読んでません。笑)。
だから、繰り返して聴いて、細かい文法まで無意識にすっきり理解するのって、
とても重要らしいです。
ま、そんな七面倒なことはおいて置いて、好きな本を繰り返し聴くのって
どこか、なんかほっとして、楽しいですよね。 

うだきちさん、

素敵と言ってくださって、うれしいのですが、
現実は、けっこう、厳しかったです。
わけのわからない論文をたくさん読まなくちゃいけなくて、
面白い本や、素敵な絵本は、ほとんどお預けです(苦笑)。
でも息子が、PullmanのHis Dark Materialsの3冊目を読み始めたので、
私も聴こうと思っています。ちょうどクリスマスの頃かな。

PBさん

段々子どもたちが離れていく(予感かな、まだ?)頃になり、
もう一度、自分の世界も作っていきたいな、という気持ちになってきました。
とても贅沢なことだし、こうして勉強できるのはありがたいです・・・が、
はは、英語での勉強はなかなか厳しいです(笑)。

エコーさん、

ありがとうございます!
このごろは、街はすっかりクリスマスの飾りで華やかです。
そんな世界からすっかりご無沙汰しているのが、ちょっとさびしいような。
ふっと一息つくとき、ブログを読んで楽しんだりしてます。
日本も、年末で華やかで、あわただしい頃ですよね。

katakuriさん、

息子さんたちは、もう大学生なんですね。
イギリスに長期にいらしているというのは、長期留学中とか、あるいは短期留学でしょうか?
ついでに母も留学というのはいかがでしょうか?
確か、今年もイギリスにいらっしゃるのですよね。まずは短期からいかがですか?
どこか探されるなら、お手伝いしますよ~♪
外国語習得研究は、イギリスとアメリカが一番のメッカのようですが
(今では、インターネット上がメッカかもしれませんが・・・)、
そのお膝元のイギリスの学校の中学や小学校の、
フランス語やスペイン語のレッスンって、ちっとも先進的じゃない感じで、不思議です。
息子と娘を観察していると、私の知っている日本の中学式(昔のやつです)そのままです!
ま、ラテン語が必修の学校が多いなど、イギリスの学校って保守的なのが好きな気がしますが・・・・

shibakoさん、

せっかく大学街に住んでいらっしゃるのですから、
ぜひ大学に通ってみてください。刺激はありますよ~。
ただ、学位のつくコースがいいか、もっと興味が優先できるコースがいいかは、
吟味が必要な気がします。
修士コースは、良くも悪くも、修士論文に全てが収束すると言うか、
自分の研究を進めることが必要(らしい)です。
そのテーマも、かなり制約があると言うか、なかなか自由がきかないような気がします。
(私は実用性がないと興味がないし、文法から離れたいけど、教授は渋い顔です)
それと、エッセーを書くという、Academic Writingのマナーがうるさそうです。
shibakoさんは、ご主人がサイエンス畑にいらっしゃるようなので、
この辺は、もうご存知かもしれませんが、私は、結構意外でした。
でもいろんな科目があるし、なかなかないチャンス。
背中を“どんどん”と押させていただきます!

あ、それから、イギリスの大学って、イギリス人料金に比べ、
外人料金がとんでもなく高いんです(2倍から3倍のことも・・・)。
ちょっと怒りです。だって、税金は同じように払っているのに!

リッカさん、

上にも散々書いたとおり、なかなか現実は厳しいですけど、
めげずに、こつこつやっていきますね~。
テキトーに、手抜きをしつつ・・・。
英語で読むのは、やっぱり日本語に比べて、時間がかかりますからねぇ。

もつこさん、

LibriVoxはぜひみんなで宣伝しましょうね!
とても素敵なコミュニティーですものね。
今ちょっと子ども式の掲示板におじゃまして、
1600語の報告を読ませていただきました。
わぁ、たくさん読んでいらっしゃるのですね!
短評も、あれもこれも、興味深深で読ませていただきました。
私はこのごろ、英語で楽しい読書はすっかり離れているのですが、
でも聴くのは楽しんでます!
新しいミステリーシリーズに出会って、料理や掃除をしながら聴いています。

yuyuさん

そうですね、このごろはどこまで家事の手抜きができるか、
実験中であります(笑)。
洗濯をまとめすぎて、娘に着るものな~い!と今日の朝も
文句を言われてしまいました。
yuyuさんのお宅のように、お子さんが小さいと、
なかなか自分の時間が取れないし、子どもと何かやるのに時間が取られるけど、
今思うと、もうそれが戻ってこないのもちょっとさびしいです。
yuyuさんのお弁当作りの記事を読んで、昔娘と凝って、凝ってお城ケーキを作ったのを思い出しました。
リスのナトキンの家というのも作ったことあります。
今思うと、懐かしい。

michiさん、

グレーの冬にふさわしく、紅茶とクッキーを準備して、
ぽかぽかの毛布をもちだして、論文を読みながら、
家にこもっています。 冬だからいいけど、夏にはいやだろうなぁ。。
何ですね、研究者の英語って、どうしてこう難しいのでしょうねぇ。
わざと難しく書いているのでしょうが、その方がいい理由は何だろう?
家事は、すっかり手抜きで、
MarksのReady Mealなどが出てくるので、子どもは大喜びしてます(大笑)

Dillさん、こんにちは♪

アンと言い、ポターの絵本といい、好きな本が合いますね♪
気になる本をGoogleなどで検索してると、Dillさんのブログに出会うことががよくあります♪

>実験で、これって、証明されているらしいです(まだその論文を読んでません。笑)。
やった~!これで思う存分楽しめます。笑
>だから、繰り返して聴いて、細かい文法まで無意識にすっきり理解するのって、
>とても重要らしいです。
なるほど。この感じ、なんかよくわかります♪

>ま、そんな七面倒なことはおいて置いて、好きな本を繰り返し聴くのって
>どこか、なんかほっとして、楽しいですよね。
そうそう、楽しいんですよねー♪一粒で二度おいしいというか、一石二鳥というか、最高です!笑

大人になって、興味のある分野の通信大学を受講しかけたことがあるのですが、自分の思ってる方向とちょっと違ってて戸惑ったことがあったのを思い出しました。
Dillさん、応援していますね♪

n.さん、

この金曜で冬学期が終わったので、のびのびしているところです。
思っている方向とはちょっと(かなり?)違うけど、学校に行くのはもうこれで本当に最後だろうし、楽しんでやっていこうと思います。
また時々、愚痴をこぼしそうな気もするのですが・・・
励ましありがとうございますね♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corianderuk.blog80.fc2.com/tb.php/135-98ed05a5

名前:
メール:
件名:
本文:

Dill

Author:Dill
イギリスのロンドン郊外に住んでいます。 
本は大好き。読む本がなくなると落ち着きません。
とうとうまわりに日本語の新しい本がなくなってしまったので、英語の本を楽しみたいと思っています。

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。