英語で本三昧

英語の朗読を聴いて楽しんでいます。 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鬘をかぶった豚を見たことがありますか?


barbarbarbar12.gif
Mother Goose's nursery rhymes 1919



Barber, barber, shave a pig!
How many hairs to make a wig?
Four and twenty, that's enough!
Give the barber a pinch of snuff.









この唄の英単語は難しくないけど、
なんかよくわからない。

豚が床屋に行く?
あんな短い毛でどうして?

カツラって、誰がかぶるの?
誰の毛でカツラを作るの?
Four and twenty は24のこと。
語呂がいいのでマザーグースでよく使われます。

Snuffはかぎタバコ。

barbarbarbar41.gif
National rhymes of the nursery 1895?

これは、男性好みのマザーグースだなぁ、と思いました。
なんとなく、男の世界の匂いがする。

PigとWigは語呂のいい組み合わせで、
そう言えば、カツラをした豚の絵って、時々見かける。

ゴシップが得意なイギリスの新聞“Sun”にはこんな記事がありました。
見出しはPig in a wig。
裁判官の、めちゃくちゃな女性問題の記事です。
イギリスでは裁判官は今でもカツラをかぶることに引っ掛けています。
Pigのように粗野なのに、カツラで着飾っている。
裁判官に相応しくないやつ、という意味でしょう。

かわいそうに、Pigには粗野とか下品のイメージがあるようで、
"lipstick on a pig"  という表現もあるようです。
ま、日本にも「豚に真珠」があるけれど。

barbarbar39mebook.gif
The nursery rhyme book 1897

でも、こっちの絵本のPig in a wigはかわいいですよ。

Piginthewig.jpg


以前(ここ)で紹介した、カリフォルニアのGrandpa, loranonさんが、
数日前、27本ものマザーグースの朗読YouTubeを公開してくれました。
もともとあったビデオを、英語学習者のために、
手間をかけて、音声を大きくし、字幕をつけてくれたのです。
こんなに親切にしていただいて、大感激。
さっそくどれにしようかな、と聞いてみて思ったのは、
人によって好きなマザーグースは違うなぁ、ということ。

私一人だったら、選ばないような唄がいっぱい入っています。
このBarberの唄も、私は聞いたことがありませんでした。
新しい唄に出会えて、うれしいです。

barbarar21complete.gif
Nurse Lovechild's legacy 1919

それにしてもloranonさんの朗読は聴きやすくて、
いいですねぇ。
子どもを膝にのせて、マザーグースを読んであげる、
アメリカのおじいちゃん、というイメージそのもの。

このBarberも、日本語だとバーバーなので、ついそう発音してしまったら、
この朗読を聴いて発音が違うことに気づきました。
今回も、この朗読を楽しんだら、ぜひloranonさんにコメントをお願いします!
ここです。

barbar97england.gif
Nursery songs & rhymes of England 1895

おまけ

日本で著作権の切れた文学作品をデジタル公開しているのは青空文庫です。
ここに、古典となった北原白秋の訳があります。(ここ
マザーグースは英語でそのまま楽しみたいけど、
最後に日本語訳で味わうのもいいかな、と思い、
北原白秋の訳を引用します。



とことこ床屋さん

とこ、とこ、床屋さん、
ぶたの毛かっちょくれ、
鬘(かずら)がちょっくらいりようだが、
何本、その毛がありゃたりる。
二十四(にじゅうし)本でたくさんだ。
フンとお鼻でごあいさつ。

北原白秋訳  
マザア・グウスの歌 (青空文庫)



barbarcompleteletters.gif
The complete Mother Goose 1909

おまけ2
このマザーグースの唄のイメージを広げて作った
子どもの詩もありました。

Where are you going to, you little pig ?
"I'm going to the Barber's to buy me a wig!"
A wig, little pig! A pig in a wig!
Why, whoever before saw a pig in a wig!


THOMAS HOOD (1799-1845)

全文はこちら

barbarbarbar67nuR.gif
Nursery rhymes 1922?

コメント

Wig,Pig!

また こんな時間だ・・・(笑)。パパの一時帰国で家族は時差ボケ?
ところで、娘の好きな本がちょーどありまして・・・
「Now I'm Reading!]シリーズの「Animal Antics」の一冊、「Pig Jigs」です。

A pig.
A pig and a wig.
A big pig jigs.
A big pig jigs on a hill.
A big pig jigs on a hill and slips.
A big pig jigs on a hill and slips on a wig.
SLIPS and FLIPS!
A big pig hits his hips.No jigs!
A big pig sits still on the hill.

これを よく読まされるんですが(なるべく速く;笑)、
このマザーグースからきているのかなあ、と嬉しくなりました♪ 

わぁ~これ難しいですねぇ。
何度言ってみても、最後まで行き着きません(笑)
息子に試してもらっても、つっかえ、つっかえ。
うだきちさんは、早く言えるの?すご~い!
お嬢さんも?

でも、なんか愉快なイメージがわいてきますね。
これってイラストつきなんですね?どんな絵かなぁ、想像しちゃいます。

ご主人は国外に住んでいて、一時帰国中なのですか? そうだとしたら、うだきちさんが一人で何もかもやらなくちゃいけなくて、毎日大変でしょうね・・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corianderuk.blog80.fc2.com/tb.php/104-651ca41c

名前:
メール:
件名:
本文:

Dill

Author:Dill
イギリスのロンドン郊外に住んでいます。 
本は大好き。読む本がなくなると落ち着きません。
とうとうまわりに日本語の新しい本がなくなってしまったので、英語の本を楽しみたいと思っています。

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。