英語で本三昧

英語の朗読を聴いて楽しんでいます。 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週、LibriVoxのForumで、日本語の朗読をしたいとスレッドをたて、
それから何度かメンバーとやりとりして、LibriVoxに惚れ直してます(笑)
ほんとうに、いいなぁ、このグループ、と。



farm.jpg
記事とは関係ないのですが、ウチの近所の農場です。





⇒続きを読む

スポンサーサイト
緯度の高いイギリスは、夏の日は長いけど、冬はすぐ暗くなります。
冬の一日は短く、森の夜は長く、暗く、
そこにあるのは、暗い家でした。


pumpkin2.jpg
近くの農場で。

⇒続きを読む

このごろ日本語で書かれた英語についてのサイトをたくさん読んでいますが、
英語だけが外国語じゃないし、もっとアジア語もやった方がいいという意見をけっこうみかけ、アジア語を先にやってもいいぐらいだ、という議論もあったので、私の大昔(!)の経験を思い出しました。

⇒続きを読む

この季節、スーパーの店頭にはハロウィングッズがならびますが、
年配のイギリス人に言わせると、子どもたちがコスチュームを着てお菓子をもらってまわるのは、アメリカの影響で最近始まったことだそうです。
もともとイギリスでは、11月上旬に焚き火や花火をするだけだったとか。 それでも怖がり好きな子どもを中心に、イギリスでもハロウィンが盛り上がりつつあります。
図書館にも、ハロウィンの詩集が飾ってありました。


trick or treat

⇒続きを読む

先週前半は、「よしやるぞと」の勢いで記事を書き、いただいたコメントにさえ長々返事してしまったのですが、週後半にインターネット上で情報収集していて、気づきました。「思っているほど単純じゃない」。
ちょっと立ち止まって、もっといろいろ調べてみようと思います。 
そんなわけで、週末のんびりと、図書館から借りた子どもの詩集を読んでいて、これが気に入りました。

Spider bought

⇒続きを読む

ちょっと寄り道で、BBCで最近放映された教育に関するテレビシリーズをご紹介します。
今書いておかないと、忘れてしまうし、今ならiPlayer(イギリス在住の人に限定された、インターネットで見るサービス)で見られたり、再放送の予定もあるようなので、イギリス在住で見逃された方はぜひ。
イギリスの教育も悩んでいる、というテーマです。

⇒続きを読む

前回は、英語で意見を書いたり、発言できることが、今の子どもたちが大人になる頃には、とても大切になると思うと書きました。
その中でも、英語で書くことに、私は今一番興味をもっています。

⇒続きを読む

子どもたちの希望で、私もあと4年イギリスにいることになりそうなのですが、
この4年に何をするか、いろんなオプションを考えてきました。
そして、今まで興味をもってきたいろんなことをまとめて、もっと考えるために、
イギリスの大学の、博士課程に進もうか、と無茶なことを、結構真剣に考えています(笑)

⇒続きを読む

TOEFLは毎年、受験者のデータを発表しています。このデータを各国の英語力を測る物差しとして使うのは問題が多いとわかっていますが、それでもTOEFLのスコアは英語に真剣に取り組んで、これから世界的な活動をしたいと思う人たちの英語力を知る、目安にはなると思います。
日本人の相対的な英語力について考えるために、ちょっと調べてみました。

⇒続きを読む

名前:
メール:
件名:
本文:

Dill

Author:Dill
イギリスのロンドン郊外に住んでいます。 
本は大好き。読む本がなくなると落ち着きません。
とうとうまわりに日本語の新しい本がなくなってしまったので、英語の本を楽しみたいと思っています。

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。