英語で本三昧

英語の朗読を聴いて楽しんでいます。 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
娘とエジンバラに行った時のこと。
「前から気になってた、素敵なブランドのお店がホテルの近くにあった!買ってくれないかなぁ・・・」
と娘にさそわれて、そのお店に行ったのですが、
かわいいけど、着て歩けないでしょ!・・・でした。

kyokudo.jpg

⇒続きを読む

スポンサーサイト
6月の末にスコットランドのエジンバラで1週間ほどすごしました。
子どもの用事のお供で、ずっと街にいたので、あっちこっち歩きました。
スコットランドでブログを書いていらっしゃるmichiさんが薦めてくださった
子どもの本屋さんに行ったら、スコットランドを舞台にした絵本がいっぱい並んでいて、
その中に、懐かしい絵本を見つけました。


KMcover5.jpg

⇒続きを読む

このごろイギリスの古い家に関する本を続けて何冊か読んでいるのですが、
イギリスの古い建物を、自分の家のように味わってもらいたいと、
ホリデーのために貸し出すチャリティがあることを知りました。 


LMT11.jpg  
Swarkestone Pavilion @The Landmark Trust

⇒続きを読む

夏になって、緑が濃く重なり、夏の草もぐんぐん伸びて、
学校はお休みに近づいて陽気な気分も漂って、田舎に行く季節になりました。
イギリスの田舎の物語を聴きたくなって、都会っ子が田舎に住むこの物語を思い出しました。

railway.jpg

⇒続きを読む

映画を見てとても良かったけど、どこか分からない気分が残ったので、
本の朗読を図書館で借りて聴いてみました。
英語の訳はわかりやすく, 物語も短めで、台所掃除をしながらさらっと聞き終わりました。

the-reader-book.jpg





⇒続きを読む

1800年代の中ごろ、イギリスの田舎の街に住んでいたDr Dolittleは、
動物が大好きで、動物のことを世界で一番わかっている人物でした。
かわりものだけど、心やさしい、ドリトル先生の物語です。


Drdolittle.jpg

⇒続きを読む

名前:
メール:
件名:
本文:

Dill

Author:Dill
イギリスのロンドン郊外に住んでいます。 
本は大好き。読む本がなくなると落ち着きません。
とうとうまわりに日本語の新しい本がなくなってしまったので、英語の本を楽しみたいと思っています。

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。