英語で本三昧

英語の朗読を聴いて楽しんでいます。 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このところマザーグースについて書いてみて、
とても面白しろかった! 
でも、この世界は、深くて深いということも実感しました。


mix37.gif

⇒続きを読む

スポンサーサイト
マザーグースのCDを聴いていると、
このさわやかで明るい出だしが印象的。

orangeand-lemonsbabyopera.gif
Walter Crane (The Baby’s Operra)

⇒続きを読む

石井桃子さんの訳の「たのしい川べ」を読んで以来、
いつか英語の原作を読みたいと思っていました

たのしいかわ

たのしい川べ (岩波少年文庫 (099))

⇒続きを読む

このゆらすような、やわらかいメロディーは、
イギリスでもアメリカでも、いちばんよく唄われる子守唄のひとつだそうです。

husha-a-bye-babyourold.gif
Henriette Willebeek le Mair (Our old nursery rhymes 1911)

⇒続きを読む

シークレット・ガーデンのもとになった唄。
ロマンチックなイラストがいっぱいあります。

marymary62.gif
Nursery rhymes (Volume 1) 1916?

⇒続きを読む

LibriVoxは宝石がぎっしりつまった宝箱ですが、
この物語は、その中でもとりわけ魅力的な作品だと思いました。

SecretG.jpg
MB Kork 1911

⇒続きを読む

今年は150年ぶりに早く迎えるイースターだそうです。
イースターと言えば、たまご。 
イギリスではイースターエッグと言えばチョコレートです。

HumptyAliceW.gif

⇒続きを読む

この本をいつか読みたいと思っていました。
マザーグースづいている勢いで、無料の朗読図書館、LibriVoxで聴きました。

alice2.jpg

⇒続きを読む

イギリスと言えば、Tea。

Polly215.gif
Mother Goose's nursery rhymes 1902

⇒続きを読む

マザー・グースは算数の勉強にも使われたようです。

220px-StIvesHarbour_Lifeboat.jpg
St Ivesの港


⇒続きを読む

鬘をかぶった豚を見たことがありますか?


barbarbarbar12.gif
Mother Goose's nursery rhymes 1919

⇒続きを読む

3月になってマザーグースを紹介しようと決めたとき、インターネット上にこんなにたくさんの美しいマザーグースの本が公開されているなんて知りませんでした。
多すぎて、見るだけでも大変、どうしたらいいか、困っています


pussycatwhrenurseloveriv.gif
Nurse Lovechild's legacy 1919

⇒続きを読む

このところ100年ぐらい前のマザーグースの古本(デジタル化されたもの)ばっかり読んでいたので、
久しぶりに、ラジオで「今らしい」話題を聞いて、新鮮でした。


chisleherst1.gif
天気が良かったので、となり街に散歩に行きました(写真は記事とは無関係です)

⇒続きを読む

猫が登場するマザーグースはいっぱいあるけど、
その中でも、大英帝国の匂いがするものをひとつ。

pussycat.gif

⇒続きを読む

こんなマザーグースもあるんだ、という唄をひとつ。
出だしは、鐘の音が鳴り響き、気分がいいと思いきや・・・・

dingdongourlod1.gif
Henriette Willebeek le Mair (Our old nursery rhymes 1911)

⇒続きを読む

名前:
メール:
件名:
本文:

Dill

Author:Dill
イギリスのロンドン郊外に住んでいます。 
本は大好き。読む本がなくなると落ち着きません。
とうとうまわりに日本語の新しい本がなくなってしまったので、英語の本を楽しみたいと思っています。

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。