英語で本三昧

英語の朗読を聴いて楽しんでいます。 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イギリスで英語にどっぷり漬かる方法として、私が一番興味があるのは、自分の趣味にあわせたレッスンやツアーに、英語を使う人たちといっしょに参加すること。
英語だけじゃなくて、自分の好きなことも学べるのがいいと思う。


Ballymaloe.jpg

⇒続きを読む

スポンサーサイト
去年の1月に紹介した、著作権の切れた本のAudio Bookの宝庫、LibriVoxを久しぶりにのぞいてびっくり。 
英語のタイトルが1200冊以上に増えていて、うれしくて、頭がくらくらしました。

追記:
2010年10月現在、LibriVoxの英語タイトルは一万件以上、ドイツ語、フランス語、中国語もずいぶん増えました。
最新のLibriVox情報は、カテゴリのLibriVoxの道案内をどうぞ。


Wind_in_the_willows.jpg

⇒続きを読む

by Sue Grafton

数年ぶりに、Kinsey Millhonが活躍するアルファベット・ミステリーを聴いて、彼女がちっとも変わっていなくて嬉しかったし、ストーリーも面白かったです。 「アリバイのA」から20作目の最新作では、ずるがしこく、薄気味悪い女性介護士が登場します。

T is amazon


⇒続きを読む

14歳、イギリスの現地校で9年生(中学2年)の娘が、今年、学校が主催するGerman Exchangeに参加しています。 
去年の10月、1週間ほど、ドイツ人の女の子のホストファミリーになってみて、これはなかなかいいホームスティ方法だな、と感心しました。

kaidouwo.gif
Wimbledonに向かう道。ビクトリア時代からこの景色はあまり変わっていないのでは? パブと教会と、大樹。

⇒続きを読む

トルコの中でも一番ロシアよりにある田舎町Karsでは、雪が降り続き、外界から遮断されてしまいます。
ドイツで亡命生活を送っていた詩人のKaは、記者としてこの町を訪れますが、実は学生時代の美しい友人Ipekを、妻としてドイツに連れ帰ることを渇望しています。
Kaが雪に閉じ込められ、この田舎町に滞在した数日の出来事を、彼の友人が語ります。

Snowbook.jpg



⇒続きを読む

小学校高学年と中学生の子どもがいる日本の友人のために、子ども向けの英語サマーキャンプを調べる約束もしています。
そこで、イギリスの子ども向けキャンプで、私が一番興味をもってきた会社に電話してみました。

foggygarden.gif
本文には関係ないけど、ちかごろ多い霧の朝。

⇒続きを読む

イギリスの食べ物はまずい、イギリス人は超甘い物好き、料理は嫌い、というのはジョークの種。でも、今やイギリスはヨーロッパで一番肥満の多い国となり、ジョークでは済まされない・・・という雰囲気が漂い始めました。

unzip your mouth

⇒続きを読む

イギリスの小学校では、詩をたくさん教えます。 
ウチの子どもが小さい頃、毎週詩をひとつ暗誦していた時期もあったし、全校生徒の前で詩をPerformすることもありました。 
詩は、英語の勉強に不可欠、というのがイギリスの伝統。

tfunky turkeys

⇒続きを読む

電話をしたのは、イギリスにあるMitsuba 。 
ホームページを見ると、大人の留学や語学+αのコースが目立つところに紹介されています。

Kelsy.gif
早春の近所の公園 

⇒続きを読む

イギリスでどっぷり英語に浸ってみたい友人と、今度はイギリスで英語学校に通いながらホームスティをする方法について調べることにしました。

cherryb3.gif
昨日の続きです。これは今となりの庭に咲いているピンクの花。桃かしら?

⇒続きを読む

今週は、用事があって毎日Wimbledon近くに通っています。40分ほど、ロンドンの南西の郊外を運転していくのですが、早春のイギリスの美しい景色が続き、写真を取れないのが残念です。 ところで、この季節がくるたびに、不思議で仕方がないことがあります。

whiteflower3.gif
キッチンの目の前に咲く花。小さいさくらんぼ(?)をつけます。

⇒続きを読む

図書館から借りていたSkinny DipのAudio Bookを聴き終わったので、2月分のAudibleの2クレジットを使って、新しいAudio Bookを2冊購入しました。

Skinny Dip

⇒続きを読む

6歳から15歳のイギリスの子どもが選んだ、一番好きな詩を集めた本です。 
その詩を選んだ子どものコメントもいっしょに読めるのが楽しい。
この本の最初の詩は、6歳のMarieが選びました。

i like this poem

⇒続きを読む

日本の友人(イギリスに遊びに来たい)と国際電話で、ホームスティについておしゃべりしました。 彼女も、イギリスにある、先生の家でのホームスティを紹介するAgentをインターネットで調べてみたそうです。

otfordhouse2.gif
記事には関係ないけど、夏に行った村の家。

⇒続きを読む

イギリス人はComedy好きで、その過激さと言ったら、見ていてハラハラしてしまう。これでもBBC?とびっくり。
一昔前、一番人気だったComedyのPerformerは時々、どうしても子どもの詩を書きたくなったそうで・・・
面白い詩をいっぱい残しました。

milligan.jpg

⇒続きを読む

名前:
メール:
件名:
本文:

Dill

Author:Dill
イギリスのロンドン郊外に住んでいます。 
本は大好き。読む本がなくなると落ち着きません。
とうとうまわりに日本語の新しい本がなくなってしまったので、英語の本を楽しみたいと思っています。

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。