英語で本三昧

英語の朗読を聴いて楽しんでいます。 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暗い冬がやっと終わり、
春もたけなわイースター休暇になって、
Tollyはひいおばあさんの家に帰ってきました。



GKChimnie.jpg

⇒続きを読む

スポンサーサイト
イギリスの寄宿学校で学ぶ7歳のTollyは、
父・義母が遠い海外に住んでいて、
いつもは帰る家のないさびしい休暇ですが、
このクリスマス休暇、初めてひいおばあさんの家に行きます。


Greenknewe.jpg




⇒続きを読む

寒いクリスマス、のんびり家で過ごしています。
新しいPCを手に入れたので、新しい機能で遊んでいると、
あっという間に時間がすぎていきます・・・ 
ところで、Audibleからのクリスマスプレゼントをみつけたので、ご紹介しますね。


Charistmas.jpg










⇒続きを読む

タダ、という言葉につられて、まだAudibleにこだわってます(笑)
無料で話題の本がダウンロードできる、このプロモーションのことです。

The Great Gatsbyは、学生時代に日本語で読んだけど、
どうもピンとこなかったのですが、
村上春樹さんが絶賛しているので、
英語で読んだら違うかな、とずっと思っていました。
無料の本のリストに入っていたので、
いい機会と、ダウンロードしてみました。

⇒続きを読む

アメリカのAudibleで今、
無料で、Audio Bookが一冊ダウンロードできます。
7月2日までの限定のプロモーション。
会員じゃなくても、だれでもOKだそうです。

⇒続きを読む

by Stieg Larsson / Translated by Reg Keeland

英米のベストセラーのトップ10にずいぶん長くランクしている、
スウェーデンのMillenniumシリーズの3作目を聴きました。
ティーンのように華奢な女主人公が瀕死の怪我から復活、
病院に隔離されながら、彼女の抹殺をねらう悪党と情報を武器に戦います。


Girl kick

⇒続きを読む

アフリカ中央部の国・ルワンダでは、
1994年、たった100日間で80-100万人が殺されました。
民族対立が原因の、同国人による大虐殺でした。
その時、1000人以上の難民を外資系ホテルに匿って救った、
ルワンダ人のホテル・マネージャーの自伝です。

AOM3.jpg

⇒続きを読む

この本について感想を書くのは2度目、好きな本です。
(Big Toeを聴いての以前の感想は、こちら
りとるさんのブログで、みんなでこの本を読もう、と誘っていらしたので、
喜んで参加しました。 もともとは本を読むつもりだったのが、
ついついCDを買ってしまい、一気に聴き終わりました。
いい朗読でした。


ILLst.jpg

⇒続きを読む

Translated by Reg Keeland

スウェーデンのジャーナリストStieg Larssonによる
ベストセラー・ミステリーの3部作の2作目を聴きました。
一見少女のように小柄な主人公、Lisbeth Salanderが、
驚異的な頭脳を駆使して、新しい人生を踏み出そうと、
準備を整えつつあるとき、冷酷な殺人事件がおこります。
警察は、3人を殺した犯人として、Lisbethを指名手配します。


girl fire

⇒続きを読む

by Alexander Mccall Smith

すでにシリーズを5本も聴いている、
ごひいきNo. 1 Ladies’ Detective Agencyの最新作。
おなじみの登場人物の新エピソードを、のんびり楽しみました。


tea-time.jpg

⇒続きを読む

名前:
メール:
件名:
本文:

Dill

Author:Dill
イギリスのロンドン郊外に住んでいます。 
本は大好き。読む本がなくなると落ち着きません。
とうとうまわりに日本語の新しい本がなくなってしまったので、英語の本を楽しみたいと思っています。

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。